劇団東京フランセーズ『シャンブル・マンダリン』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団東京フランセーズ

ロベール・トマのお洒落サスペンス・コメディ

『シャンブル・マンダリン』〜巴里のホテルとおかしなお客たち〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年2月26日(金)〜2月28日(日)
会場 ウエストエンドスタジオ
〒165-0026 東京都中野区新井5-1-1 スタジオライフ1F
PR・解説 不条理的ダンスと新劇的喜劇・
東京フランセーズ公演
『シャンブル・マンダリン〜巴里のホテルとおかしなお客たち〜』

ロベール・トマ作
(トマ代表作:8人の女、殺人同盟、罠など)

映画化され大ヒットした「8人の女たち」でも知られる“フランスのヒッチコッ
ク”、ロベール・トマ作によるサスペンスタッチのクラシカルコメディ!

ユーモア溢れるドタバタブールバール劇に、フランセーズがナンセンスでファン
タジックな味付けをしてお届け致します。

近年、黒柳徹子が一人六役をこなし話題になり、劇団NLTはホテルZOOとい
うタイトルで上演。満員御礼の公演でした。

老若男女が楽しめる粋でお洒落なクラシカルコメディを、メイドたちのミュージ
カル風ダンスで綴った、華やかでエンターテイメント感たっぷりの舞台!

みなさん、どうぞお越しください!
ストーリー 舞台はパリ。サンラザール駅のとある“駅前のホテル”

訪れるのは訳ありのおかしなお客たち

おかしなボーイ、おかしなメイド、意地悪支配人も加わって
繰り広げられるのは
陽気なラブコメディ?それともサスペンス?
そして待ち受ける不思議な結末とは!?
スタッフ 舞台監督:大石郁実 
照明:有岡幸子 
衣装:本村渚 
舞台美術:早稲田大学舞台美術研究会
絵画作成:植松希実子 
宣伝美術:高木風子、歌
制作:小股鐘子
キャスト 松本寛子
宮原恵太
宇貫貴雄
杉田一成
山口恵美
市川祐子
大石郁実
白川道子
奥村円佳(テアトル・エコー)
久保山真衣

【ダンサー】
久保山亞佐子
久保山紗枝
富田しほ美
関美咲
高橋美帆
お問い合わせ 東京フランセーズ
090-8312-8917
tokyo.francaise@gmail.com
東京フランセーズ活動日記

入場料金

前売り2,700円/当日2,900円/60歳以上割2,000円(全席自由・税込)

60歳以上割は要予約、要身分証明書

公演日程

2010年2月26日(金) 〜 2月28日(日)

2010年2月

21 22 23 24 25 26
  • 14:00
  • 19:30
  •  
27
  • 14:00
  • 19:30
  •  
28
  • 13:00
  • 17:30
  •  
           

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=14857

トラックバック一覧