なかのZERO『蝋燭能「紅葉狩」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

なかのZERO

『蝋燭能「紅葉狩」』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年3月13日(土)
会場 なかのZERO 大ホール
〒164-0001 東京都中野区中野2-9-7
PR・解説 能楽師 小島英明による「みどころ解説」
仕舞「鉄輪」遠藤六郎
仕舞「殺生石」観世喜正
狂言「清水」野村萬斎
蝋燭能「紅葉狩」小島英明

今回の演目は、『鬼揃(おにぞろえ)』の演出による「紅葉狩」を蝋燭能形式で行います。
観世流にしかない『鬼揃』は、大勢の鬼女が舞う迫力満点の演出です。その妖艶な美しさと鬼女の恐ろしさは蝋燭の灯りの中でいっそう際立ち、印象深い舞台をお楽しみいただけるのではないでしょうか。
ストーリー 「みどころ解説」
能楽師・小島英明により、始めて能や狂言をご覧頂くかたにも十分お楽しみいただけるよう、世界無形文化遺産に認定された『能楽』の魅力や作品の簡単なストーリーなどわかりやすく解説いたします。

狂言「清水」
主人から、明日茶の湯の会で使う水を野中の清水に汲みに行くよう命じられた太郎冠者は、一計を案じ、鬼に襲われたふりをして帰ってくる。主人は太郎冠者の心配もせず、置いてきてしまった秘蔵の手桶を惜しみ、自ら清水へ行くと言い出しので、太郎冠者は先回りをし、鬼の面をかぶって主人を脅かす。慌てて逃げ出す主人だが、冠者びいきの鬼の言葉や冠者に似た声など合点が行かないことが多いので、再び清水へ行き・・・。

能「紅葉狩」
紅葉が美しく華やかな戸隠山。鹿狩りに来た平維茂(たいらのこれもち)一行は、身分の高い貴婦人と侍女たちの宴に遭います。
維茂は女たちの興を妨げてはと立ち去ろうとしますが、この世の者とは思えぬ女主人の美しさに、誘われるまま酒席についてしまい、思わず盃を重ねて、優美な舞を見ながら酔い伏してしまう維茂。
その女たちの正体とは・・・。
キャスト 遠藤六郎
観世喜正
小島英明
野村萬斎
ほか
お問い合わせ なかのZERO チケットセンター
03-3382-9990

チケット発売日

2009年12月14日(月)

入場料金

S席5,000円/A席4,000円/B席3,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

なかのZEROチケットセンター 03-3382-9990

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:400-590
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:32761
e+(イープラス)
eplus.jp
当日券情報 開演の1時間前より会場入り口にて販売

公演日程

2010年3月13日(土)

上演時間 約2時間30分(休憩15分)

2010年3月

7 8 9 10 11 12 13
  • 13:00
  •  
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=14940

トラックバック一覧