boku-makuhari『スリープ・インサイダー』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

boku-makuhari

boku-makuhari Symposium

『スリープ・インサイダー』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

2010年2月21日より予約開始

公演データ

公演期間 2010年3月26日(金)〜3月31日(水)
会場 五反田アトリエヘリコプター
〒141-0022 東京都品川区東五反田2-21-7
PR・解説 boku-makuhari Symposium 〜知性のむこうに〜
作品から与えられたものでなく、作品とあなたの対話によって得られたものがあなただけの作品です。
boku-makuhariはそんな想いで何かを紡ぎます。
ストーリー ものがたり
私とあなたと私の中のあなた、あるいは記憶された未来にまつわるお話。

第1話 「スリープ・インサイダー」
男は監禁されている。解放されるためには、体内時計だけを頼りに27日間正確に数える必要があるという。
男は失敗を何度も繰り返し、いつしか1000日以上を費やしていた――
男によれば今日は最後の一日。計ったかのように、一人の女がその部屋へ放り込まれた。

「ねえ、ずっとおんなじ人間だったような気がしない?」
そんなことを誰かが言う。

第2話 「哲人の丘」
荒野の丘の上に建つ小屋の中。
一人の男が俯せに倒れている。
その傍らに、片手にトンカチを握った女が座っている。
乾いた風がドアのない玄関から入ってきている。
その玄関に立って中を眺めている一人の男。リュックサックを背負っている。
男は行方不明になった友人を探していると告げる。
女は行方不明になった婚約者を探していると告げる。
俯せの男は口癖のように謝っている。

「神、さま、ですか?」
そんなことを誰かが言う。
スタッフ 作・演出 岩崎裕司
舞台美術・装置 鈴木健介
照明 西本彩
宣伝美術 岩崎裕司
webデザイン 上原高夫(maturi)
制作 boku-makuhari Symposium
企画・製作 boku-makuhari
キャスト 奥田洋平(青年団)
青山麻紀子
佐藤幾優
高屋七海
お問い合わせ boku-makuhari
090-3507-2656
boku-makuhari@live.jp
boku-makuhari HP

入場料金

予約2,300円/当日2,500円/学生割引1,500円(全席自由・税込)

前売なし(当日受付にてご精算)

チケット発売窓口

boku-makuhari 090-3507-2656
電話でのご予約の際は「希望日時、枚数、お名前、連絡先」をお知らせください。

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演60分前より劇場にて販売
割引情報 学生割引(受付にて学生証をご呈示ください)
リピーター割引(詳細は公演中に劇場にてご案内)

公演日程

2010年3月26日(金) 〜 3月31日(水)

2010年3月

21 22 23 24 25 26
  • 19:30
  •  
  •  
27
  • 19:30
  •  
  •  
28
  • 19:30
  •  
  •  
29
  • 19:30
  •  
  •  
30
  • 19:30
  •  
  •  
31
  • 19:30
  •  
  •  
     
すべて19:30の回のみ
受付開始=開演の60分前
開場=開演の20分前

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=14991

トラックバック一覧