博品館劇場『タップ・ジゴロ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

博品館劇場

ミュージカル

『タップ・ジゴロ』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年3月19日(金)〜3月28日(日)
会場 博品館劇場
〒104-8132 東京都中央区銀座8-8-11 博品館トイパーク8F
PR・解説 戦後の銀座、少しずつ復興してきているとはいえまだアメリカの占領下にあった頃、一人のタップダンサーが、闇に咲く徒花のように一瞬華々しく花開いた…。

戦後の銀座移り変わっていく様を背景に、主演に迎えた、「座頭市」(監督:北野武)のタップシーンの振付で大きな注目を浴びたHIDEBOHの、主人公さながらの超絶技巧を駆使した天才的タップを随所に折り込み、彼の見事な足さばきをお魅せします!

銀座に立地する博品館劇場ならではの、ショーアップされたミュージカル「タップ・ジゴロ」、どうぞご期待下さい。
ストーリー 銀座のキャバレー・ペンギンのタップダンサー・ ジョニーは、今日もお客を魅了し、女を魅了し、金と女に不自由せず、そんなバラ色の日々がずっと続くものと信じていた。映画出演の話も断り、ひたすらステージでタップを踏んでいた。

ある日、そのキャバレー・ペンギンに歌手を夢見る娘・鞠子がオーディションを受けに来た。田舎から出てきた鞠子は、訛が強く皆にバカにされてきたのだったが、歌は訛らず、ちょっとしたもの。ペンギンで歌うことが決まった。

前座の鞠子の歌に押され気味となったジョニーは、一人ではなくチームでタップを踏むようになる。ペンギンは、ジョニーとそのチームのタップ、そして鞠子の歌で大繁盛、絶頂期を迎えていた。

そんな折、サンフランシスコ講和条約が成り、日本の主権が回復された。そして、アメリカ軍は撤退していった……。
スタッフ 脚本:広井王子
演出:三ツ矢雄二
振付:HIDEBOH 森新吾(D☆D)
音楽:鈴木和郎
宣伝・協力:芋洗坂宣伝部長 こと 芋洗坂係長 こと 小浦一優
企画・プロデュース:伊藤義文(博品館)
キャスト HIDEBOH、横山智佐 大鳥れい、藤林美沙、つまみ枝豆、井上和彦、野崎数馬、森新吾(D☆D) ほか
お問い合わせ 博品館劇場
03-3571-1003
博品館劇場

チケット発売日

2010年1月23日(土)

入場料金

8,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

博品館1F TICKET PARK 03-3571-1003
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:400-280

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:31993
e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

CNプレイガイド
cnplayguide.com
0570-08-9999(オールジャンル)
当日券情報 当日10時より劇場にて販売

公演日程

2010年3月19日(金) 〜 3月28日(日)

上演時間 約2時間(休15分)

2010年3月

14 15 16 17 18 19
  • 19:00
  •  
  •  
20
  • 13:00
  •  
  •  
21
  • 14:00
  •  
  •  
22
  • 14:00
  •  
  •  
23
  • 14:00
  • 19:00
  •  
24
  • 休演
25
  • 14:00
  • 19:00
  •  
26
  • 19:00
  •  
  •  
27
  • 13:00
  • 18:00
  •  
28
  • 14:00
  •  
  •  
29 30 31      

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=15248

トラックバック一覧