劇団俳小『ゴルゴダ・メール』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団俳小

劇団俳小公演

『ゴルゴダ・メール』KY(空気読めない)っていけないことなの?

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年3月25日(木)〜3月29日(月)
会場 シアターグリーン BOX in BOX THEATER
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-20-4
PR・解説  相手の仕草や雰囲気で心情を推し量ったり、言葉の「行間を読む」ことが暗に求められたりするなど、我々のやり取りでは婉曲的な要素が大きな役割を占めています。
 いわゆる「KY」(空気が読めない)などが非難の対象になるのは、その現れでしょう。
 作者の篠原久美子は、非言語コミュニケーションが先天的に不得手な自閉症者の苦悩を見事に浮き彫りにしています。
 彼女自身の体験も織り交ぜて構成された作品は、繊細なリアリティに富みながらも精緻で、さらにはコミュニケーションの本質をも深く追求した珠玉の名作です。
 河田園子・松本永実子も、女性ならではの観点から、理論と情感とが相互昇華した世界観を構築しています。
 山本悠生(俳協)・舞山裕子(劇団昴)をはじめとするキャスト陣も、瑞々しく躍動的な作品を創り出そうと日々稽古に邁進しています。
 人間が、寂しさや悲しさに打ち震え、必死でか細い手を誰かへと伸ばそうとしている姿を見て、今いちど、人との関わり方や、イジメ、家庭、常人とは何かを考えさせられる作品です。
皆様のご来場、心よりお待ち申し上げます。
ストーリー  空気読めないって、いけないことなの!?
 相手の仕草や状況、雰囲気から気持ちを汲み取れず、言葉にしなければ意図していることを全く理解できないアスペルガー症候群の人たちが、人間の機微に敏感でなくてはならない演劇をすることになった!
 試行錯誤しながらも、彼らの行き着く先は……?
スタッフ 作  篠原 久美子
演出 河田 園子&松本 永実子
装置 内山 勉
照明 古宮 俊昭
音響 射場 重明
音楽 平岩 佐和子
衣裳 五十嵐 博子
演出助手 駒形 亘昭
舞台監督 勝山 かつお
制作 いがり たかし
キャスト 山本 悠生(俳協)
舞山 裕子(劇団昴)
井田 紀子
大川原 直太
大久保 たーマン
今井 鞠子
吉田 恭子
大多和 芳恵
手塚 耕一
村松 立寛
大庭 光皓
岡田 萌
お問い合わせ 劇団俳小
03-3987-1787
info@haishou.co.jp
劇団俳小 公式ウェブサイト

チケット発売日

2009年12月10日(木)

入場料金

期間中有効3,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

発売初日特別電話番号

チケットぴあ 2009-12-10
※発売当日は特電でも受付
劇団俳小 03-3987-1787

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:786-208

チケット販売サイトへ

カンフェティ 0120-240-540

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2010年3月25日(木) 〜 3月29日(月)

上演時間 約2時間

2010年3月

21 22 23 24 25
  • 19:00
  •  
  •  
26
  • 14:00
  • 19:00
  •  
27
  • 13:00
  • 18:00
  •  
28
  • 13:00
  • 18:00
  •  
29
  • 14:00
  •  
  •  
30 31      

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=15368

トラックバック一覧