空の驛舎『エリアンの手記』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

空の驛舎

現代演劇レトロスペクティヴ 空の驛舎 第11回公演

『エリアンの手記』〜中野富士見中学校事件〜

  • 公演中
  • 割引情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年3月12日(金)〜3月14日(日)
会場 伊丹市立演劇ホール(AI・HALL)
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号
PR・解説 山崎哲戯曲を上演するにあたって
私が「演劇」に出会ったのは80年代後半。こんな面白いものがこの世にあったのかと驚き、 毎週のように劇場に通った。プロジェクト・ナビ、第三エロチカ、NOISE、第三舞台、全部違って、 全部面白かった。戯曲も読み漁った。せかされるように「演劇」を吸収していたあの頃、 とても興味深い作品群に出会うことになる。『エリアンの手記』、『ジロさんの憂鬱』などの印象的なタイトル、 その戯曲たちにはすべて奇妙なことに、実際に起きた事件の副題がつけられていた。憑かれたように読んだ。 事件を描くのだけど、事件そのものが描いてあるのではなかった。その戯曲には、関係に軋む生々しい人間の姿があった。 生きるためにもがく人間の姿があった。家族の姿があった。隣人の姿があった。親子の姿があった。 今、再度、山崎さんの戯曲を読む。いつの時代も変わらない、矛盾を抱え身体が引き裂かれた普遍的な人間像に涙が流れる。 戯曲世界を忠実に再現したい。
 
中村賢司
ストーリー 山崎哲率いる「転位・21」の代表作、1987年紀伊国屋演劇賞受賞作。実際の中学校で起きた「葬式ごっこ」による「いじめ」自殺事件を題材に、家族の姿とコミュニケーションのあり方を描き、現在までをも照射した名作。
スタッフ 舞台監督 塚本修(CQ)
舞台美術 岡一代
照明 池辺茜(Blue,Blue.)
音響 大西博樹 
制作 尾崎雅久(尾崎商店)
宣伝美術 松本ユウコ
キャスト 石塚博章(Blue,Blue.)、三田村啓示、津久間泉、高橋理紗、泉寛介(baghdad cafe)、小中太(子供鉅人)、条あけみ(あみゅ〜ずとらいあんぐる)、豊島由香、濱奈美(劇団ひまわり)、山田一幸(朱亜shu-A)、横田江美(A級MissingLink)、米田嶺(劇団太陽族)
お問い合わせ 尾崎商店
090-3944-9902
zakkin@mte.biglobe.ne.jp
アイホール
072-782-2000
現代演劇レトロスペクティヴ

チケット発売窓口

空の驛舎 090-4766-8751

チケット販売サイトへ

アイホール 072-782-2000
割引情報 web割引 2300円
2/28(日)24:00までに劇団ホームページからご予約下さい。
web割引にて2300円でご覧いただけます。
日時指定、枚数、お名前、連絡先メールアドレスをご記入ください。

公演日程

2010年3月12日(金) 〜 3月14日(日)

2010年3月

7 8 9 10 11 12
  • 19:30
  •  
  •  
13
  • 15:00
  • 19:30★
  •  
14
  • 15:00
  •  
  •  
15 16 17 18 19 20
★シアタートーク/ゲスト:山崎哲(新転位・21)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=15379

トラックバック一覧