Project Natter『ピロクテーテス』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Project Natter

Project Natter Vol.2

『ピロクテーテス』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年3月2日(火)〜3月7日(日)
会場 SPACE 雑遊
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-8-8 新宿O・Tビル B1F
PR・解説 ドイツ人演出家ペーター・ゲスナーとプロデューサー綿貫凜による演劇ユニットの名称。旗揚げ公演 「赤色エレジー」に続き、今回が第2回公演。

ソフォクレスが書いたギリシャ悲劇「ピロクテーテス」をハイナー・ミュラーが大胆に脚色し上演したもの。
出演は、THE・ガジラ公演でも圧倒的な存在感がある山本 亨と塩野谷正幸に加え、近年は演出も手掛ける若手実力派俳優の扇田拓也と個性的なメンバー。
三人の男たちの言葉と身体の激突!どうぞご期待ください!
ストーリー 古代ギリシャ、トロヤ戦争の時代。ギリシャ軍の軍師・オデュッセウスは若武者・ネオプトレモスと共に無人島へ向かう。ギリシャ最強の男に会うために。
…その男こそ、猛将・ピロクテーテス。戦傷ゆえにほかならぬオデュッセウスの手で島に置き去られ、オデュッセウスを骨髄まで恨む男。
だが、勝利の為にはこの男を呼び戻すしかない…命がけの説得が今、始まる。
せめぎあう大義と私情、道義と嘘―孤島に対峙する男たちは、一触即発の状況に…。

ソフォクレスの古典を東ドイツの鬼才・ハイナー・ミュラーが解体し、現代劇として新たに蘇らせた名作!
スタッフ 作 : ハイナー・ミュラー 翻訳 : 若松宣子 演出 : ペーター・ゲスナー プロデューサー : 綿貫凜 照明 : 桜井真澄(株)東京舞台照明) 音響 : 角張正雄 衣裳:花田絵美 舞台監督 : 久保勲生 宣伝美術 : meg. ドラマトゥルグ : 宮島志乃ぶ 製作 : (有)オフィス コットーネ 主催:Project Natter
キャスト 山本 亨・塩野谷正幸・扇田拓也
お問い合わせ オフィスコットーネ
03-3411-4081

入場料金

前売・当日共3,800円/シード(学生割引)2,800円(全席指定・税込)

※ シードチケットはコットーネのみ取扱 
大学生以下の学生・専門学校・演劇養成所の学生に有効。
当日受付にて学生証提示

チケット発売窓口

オフィスコットーネ

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:401-259
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2010年3月2日(火) 〜 3月7日(日)

2010年3月

  1 2
  •  
  • 19:00
  •  
3
  • 14:00
  • 19:00
  •  
4
  • 14:00
  • 19:00
  •  
5
  •  
  • 19:00
  •  
6
  • 14:00
  • 19:00
  •  
7
  • 14:00
  •  
  •  
8 9 10 11 12 13

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=15421

トラックバック一覧