ザ・ライフ・カムパニイ『MUSICAL MUSICAL』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ザ・ライフ・カムパニイ

vol.42 オリジナルミュージカル

『MUSICAL MUSICAL』〜ミュージカルを創る現場とオーディションの物語〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

32年間ミュージカルを創り続けてきたザ・ライフ・カムパニイが贈る渾身の一作!!

公演データ

公演期間 2010年5月27日(木)〜5月30日(日)
会場 六行会ホール
〒140-0001  東京都品川区北品川2-32-3
PR・解説 今や、ブロードウェイやロンドンの劇場街では、お芝居よりもミュージカルの上演が8割を越えています。
それは多くの人が夢を求めているからだと思います。
日ごろ、心の奥にしまいこんでいる誰もが持っている“夢”。日常のあわただしいストレスの中で、
もはや夢見ることができなくなった“夢“を、音楽の力を借りて、ミュージカルは感じさせてくれるからです。
この物語は人に見ていただく夢をもとめて、演出家や作曲家などのスタッフ、オーディションに集う多くの俳優達の、夢を作り出す“生きざま”が描かれています。
つまり、ミュージカルを作る現場の物語が「ミュージカル」という――夢を作り出す人たちの物語になります。

夢とはただ語るだけのものでなく
ただ夢見るだけのものでなく
夢とは夢を叶えようとする
その人の心意気だ

ミュージカル「ラ・マンチャの男」の主役 松本幸四郎
ストーリー この物語は一つのミュージカル作品を作り上げていくために、脚本家や演出家、作曲家や振付師、プロデューサー、そして俳優達の織り成す夢作りにかける人間達のドキュメント仕立ての物語です。

普段は一般の人は決して垣間見ることのできない舞台芸術を創造していく現場――いかにして作家が脚本のテーマを構成し、作曲家が物語のテーマを象徴する音楽を発想し、振付師がドラマをいかにしてダンスに表現するかなど、それぞれの思いや情熱、才能をとことんぶつけ合う慌しい創作の過程は、人間と人間とがそれぞれの理想を目指し知恵を絞りぶつかり合っていく大変にエキサイティングな、お客様には想像もできない現場です。こうして魅力あるミュージカルが創造されてきます。

この創作過程の最中に、出演キャストを決めるオーディションが始まります。脚本の仕上がりが遅れる中、作曲も大幅に遅れ、オーディションの時にはたった1〜2曲しか曲が上がっていません。それでもオーディションは進行します。
振付の音楽もないまま振付師は打ち合わせたイメージのまま、振りをこしらえてオーディションのメンバーに振りうつしをしなければなりません。そんなこんなバタバタしているオーディション現場は、また俳優達の不安やプライドの異様な空気が漂っています。

このミュージカルを企画したプロデューサーは俳優の技術よりも、人間的な輝きを舞台に出したいと思っています。多くの俳優達のプライドや駆け引きの陰に隠れて自分の人間力を引き出せない俳優がいます。それこそ本当に舞台に必要なキャストであると信じているのです。
脚本や音楽、振付の創作がバタバタと進行していく慌しい中で、このプロデューサーは自分の思いが伝わる俳優をキャスティングするため、一計を案じます。
物語はミュージカルの創作過程のドラマチックな進行と共に、オーディションは最終メンバーに残った俳優達が驚くような結果が発表されます。公演のドラマ性よりも、スタッフ・キャストの繰り広げる人間の愛憎や喜怒哀楽のドラマのほうが遥かにドラマチックな様相を呈して参ります。
そして、一人のプロデューサーの“夢”が舞台に開こうとしています。
スタッフ 脚本・作詞■かぶき ひさお  演出・美術■蕪木 陽青生  音楽■隼田義博  振付■小沼葉子
お問い合わせ ザ・ライフ・カムパニイ
03-5741-9511 / 03-5741-9512
life_stage_door@ybb.ne.jp

チケット発売日

2010年4月1日(木)

入場料金

5,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

ザ・ライフ・カムパニイ 03-5741-9511
劇団直通メールアドレス life_stage_door@ybb.ne.jp

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-000-777

公演日程

2010年5月27日(木) 〜 5月30日(日)

上演時間 約2時間10分

2010年5月

23 24 25 26 27
  • 18:30
  •  
  •  
28
  • 13:30
  • 18:30
  •  
29
  • 13:30
  • 18:30
  •  
30
  • 12:30
  •  
  •  
31          

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=15533

トラックバック一覧