ちりゅう芸術創造協会『講談と文楽人形「四谷怪談」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ちりゅう芸術創造協会

平成21年度文化庁芸術拠点形成事業/平成21年度地域の文化・芸術活動支援事業[助成:(財)地域創造]

『講談と文楽人形「四谷怪談」』人形浄瑠璃の可能性vol.3

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年3月28日(日)
会場 パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)
〒472-0026 愛知県知立市上重原町間瀬口116番地
PR・解説 パティオ制作の、文楽人形の可能性を追求するシリーズの第3弾は、人間国宝・講談師の一龍斎貞水を迎えて「四谷怪談」を上演。悲劇の主人公お岩をとおして女の愛憎を文楽人形によって表現します。

★★★
公演をいっそう楽しめるワークショップ 「春休み 親子で伝統芸能に触れよう!」
○ 開催日時: 3月27日(土)14:00
○ 対  象:年齢制限なし、男女経験問わず(事前にお申込みください)
○ 申込受付: 1月16日(土)10:00より来館受付開始 (電話受付は同日13:00より)
         参加費無料、先着30名。定員になり次第締め切ります。
○ 講  師:吉田勘緑(文楽座技芸員)  一龍斎貞友(講談師・声優)

人気アニメ「忍たま乱太郎(しんべヱ)」や「ちびまる子ちゃん(お母さん・小杉君)」などの声優としても活躍する講談師・貞友さんによる 声優体験や講談のお話、勘緑さんによる文楽人形のお話などあり。春休み、親子でぜひご参加下さい。一般の方もご参加いただけます。
スタッフ 脚本・構成:一龍斎貞水(人間国宝)
演出:吉田勘緑・神和住岳士
照明:坂下孝則(有限会社 藤井照明)
音響:六車茂雄
作詞:羽田康次(和太鼓ユニット光)
制作協力:株式会社 影向舎
企画制作:品川佳代(ちりゅう芸術創造協会)
キャスト 講談:一龍斎貞水(人間国宝・講談師)
文楽人形:吉田勘緑(人形浄瑠璃文楽座)
動物:こつじ まさのり(人形劇団むすび座)
お囃子:羽田康次(和太鼓ユニット光)・羽田きん子・春日井順子
お問い合わせ パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)
0566-83-8100 / 0566-83-8102

チケット発売日

2010年1月17日(日)

入場料金

一般2,000円/パティオしーと会員1,800円(全席指定・税込)

※未就学児の入場はご遠慮ください
※車椅子でお越しのお客様は事前にお問合せください

チケット発売窓口

パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)アートセンター 0566-83-8102
※会館友の会<パティオしーと>のお取扱はパティオ池鯉鮒(知立市文化会館)アートセンターのみに限ります
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:399-961

チケット販売サイトへ

公演日程

2010年3月28日(日)

上演時間 約2時間10分予定

2010年3月

28
  • 13:30
  • 18:00
  •  
29 30 31      

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=15628

トラックバック一覧