トリガーライン『F』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

トリガーライン

トリガーライン第7回公演

『F』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年4月21日(水)〜4月25日(日)
会場 theatre iwato
〒162-0832 東京都新宿区岩戸町7番地
PR・解説 ■『トリガーライン』とは?…

トリガーラインの芝居を一言で表現するなら、「ヒューマンドラマ」といったところでしょうか。
過去の作品は現実に起こった事故や事件を扱っていますが、「人を描きたい。そして演じたい」との思いが常にあるので、
今後はコメディからシリアスまでジャンルを問わず、挑戦していきたいと考えています。

演者とは、「他人の人生を自身の心と体で表現する」こと。そして、「お客様の心の琴線にどれだけ触れられるか」
この簡単ではないテーマに私たちは挑戦したいと思います。どうぞ、今後の活動にご期待下さい。
そして、劇場に足を運ばれ、皆様の「心の琴線」に少しでも触れることができるなら、これほど嬉しいことはありません。
(主宰挨拶より抜粋)
ストーリー 第7回目を迎える今回は、内外から要望の多かった、第2回公演「KCN」を、当時の質感を残しつつ、
大幅な加筆・修正を加えた、リニューアル版に仕上がっております。
従来のキャスト・スタッフはもちろん、新しい仲間を加えた「F」にどうぞご期待ください。

1984年に日本中を震撼させた、グリコ森永事件をモチーフにした、群像劇。
犯人は一体誰なのか? 事件の動機は? 
大量生産・大量消費、ヒト・モノ・カネがあふれていたはずの世の中で、人々は、大切な何かを失っていた。
その頃、ある者達だけは、違っていた。
やがて、事件は静かに幕をあける。
スタッフ 作・演出 林田一高 
構成 水端兄 
演出補 北川竜二 
舞台監督 大地洋一 
照明 松本永(光円錐) 
音響 平井隆史 
美術 松本謙一郎 
映像 神之門隆広(トランクス) 
チラシデザイン 高木理恵子 
制作 安田みさと(7の椅子)・塚原正和・トリガーライン
キャスト 北川竜二
小松竜夫
涌井啓育
細目晃裕
藍原直樹
金重陽平(TOKYOハンバーグ)
瀬川諒平(スターダス21)
重松宗隆 
経塚よしひろ
熊地絵理子
久津佳奈(オフィスエルアール)
榊三奈子
小角まや
平井えり花
野々目良子(プロダクション・タンク)
尾川止則
和田武(ヴォーカル)
林田一高(文学座)
お問い合わせ トリガーライン
mail@trigger-line.com
トリガーラインお問い合わせフォーム
チケットに関する問合せ先:080-4058-1470(ツカハラ)

チケット発売日

2010年3月20日(土)

入場料金

前売り・当日共3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

トリガーライン http://trigger-line.com/kouen-f.html

チケット販売サイトへ

公演日程

2010年4月21日(水) 〜 4月25日(日)

2010年4月

18 19 20 21
  •  
  • 19:00
  •  
22
  •  
  • 19:00
  •  
23
  • 14:00
  • 19:00
  •  
24
  • 14:00
  • 19:00
  •  
25
  • 14:00
  •  
  •  
26 27 28 29 30  
開場は開演の30分前
受付は開演の1時間前

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=15772

トラックバック一覧