燐光群『ザ・パワー・オブ・イエス』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

燐光群

『ザ・パワー・オブ・イエス』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年5月10日(月)〜5月23日(日)
会場 ザ・スズナリ
〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15
PR・解説 2008年9月、リーマン・ブラザーズ破綻から始まった未曾有の経済危機は、世界中に広がりました。日本でも企業倒産、失業者増加など、今なお私たちの生活に影響を及ぼしています。
昨年春、ナショナル・シアターは劇作家デイヴィッド・ヘアーに、「世界金融危機はなぜ起こったか、現在何が起きているのか」を舞台化するよう依頼しました。ヘアーはそのために、銀行家、投資家、経済学者、国会議員、新聞記者といった金融関係のキー・パーソンたちへの取材を重ねました。劇作家の目を通してこの事態の本質を探り、インタビューをまとめ、昨年秋、全世界注目の中、『The Power of Yes』は幕をあけました。

アメリカの投機家ジョージ・ソロス、元金融庁長官ハワード・ディビス等、ヘアーに直接取材を受けた金融界の大物たちが劇中人物として続々登場、「世界金融危機で何が起こったか」が語られます。また、ヘアーの助手としてナショナル・シアターに雇われた女子大生を通して、英金融サービスの誕生と成長、崩壊の過程を辿ってゆきます。ノーベル賞経済学者マイロン・ショールズが考案し、ヘッジファンドへの投資を熱狂的に支えた「ブラック・ショールズ方程式」についても詳しく知ることができます。経済危機について視覚的、感覚的にとらえることを可能にした、ジャーナリズム演劇の新しい成果といえるでしょう。

燐光群では[デイヴィッド・ヘアー新作連続上演]として、イギリスの国鉄民営化と鉄道事故の真相を描いた『パーマネント・ウェイ』、イラク戦争における政治家たちの謀略を描いた『スタッフ・ハプンズ』を上演しています。また、実際に起きた事件について取材し、ワークショップ等を通じて練り上げたオフ・ブロードウェイのドキュメンタリー・ドラマ『ララミー・プロジェクト』『ときはなたれて』等を日本に初めて紹介、高い評価を得ています。

オリジナル版上演開始直後、海外現代戯曲、とりわけジャーナリズム演劇の紹介に定評のある坂手洋二・燐光群に関係者から真っ先に紹介があり、本国で上演中、できたてほやほやの最新作の日本初演が可能となりました。世界的な金融危機について追求する、国境を越えた試みとして、誠に時宜を得たものといえるでしょう。
スタッフ 作○デイヴィッド・ヘアー
訳○常田景子 
演出○坂手洋二
美術○島次郎
照明○竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
音響○島猛(ステージオフィス)
衣裳○宮本宣子
舞台監督○高橋淳一
演出助手○武山尚史
文芸助手○清水弥生・久保志乃ぶ・村松みさき
イラスト○沢野ひとし
宣伝意匠○高橋勝也
制作○古元道広 近藤順子
キャスト 藤井びん 鴨川てんし 川中健次郎 
猪熊恒和 大西孝洋 田中茂弘 
John Oglevee 杉山英之 伊勢谷能宣
西川大輔 鈴木陽介 橋本浩明
 
中山マリ 南谷朝子 松岡洋子
樋尾麻衣子 安仁屋美峰 渡辺文香
桐畑理佳 横山展子 矢部久美子 根兵さやか
お問い合わせ 燐光群/(有)グッドフェローズ
03-3426-6294
ticket-rinkogun@ee.alles.or.jp
燐光群ホームページ

チケット発売日

2010年3月27日(土)

入場料金

一般前売3,600円/ペア6,600円/当日4,000円/大学・専門学校生3,000円/高校生以下2,000円(全席指定・税込)

※ペアは前売・予約のみ
※学生券は前売・当日共通料金 劇団予約のみ 受付で要学生証提示

チケット発売窓口

燐光群/(有)グッドフェローズ 03-3426-6294

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:402-991
当日券情報 開演40分前より劇場にて販売

公演日程

2010年5月10日(月) 〜 5月23日(日)

上演時間 約2時間

2010年5月

9 10
  •  
  • 19:00
  •  
11
  •  
  • 19:00★
  •  
12
  •  
  • 19:00
  •  
13
  • 14:00
  • 19:00★
  •  
14
  •  
  • 19:00
  •  
15
  • 14:00
  • 19:00
  •  
16
  • 14:00
  •  
  •  
17
  •  
  • 19:00
  •  
18
  •  
  • 19:00
  •  
19
  • 14:00
  • 19:00★
  •  
20
  •  
  • 19:00
  •  
21
  •  
  • 19:00
  •  
22
  • 14:00
  • 19:00
  •  
23
  • 14:00
  •  
  •  
24 25 26 27 28 29
★の回は次のゲストと坂手洋二によるアフタートークあり。
11日(火)西堂行人(演劇評論家・近畿大学教授)
13日(木)小田島恒志(翻訳家・早稲田大学教授)
19日(水)常田景子(翻訳家)
前売券をお持ちの方、ご予約の方はご入場頂けます。
(満席の場合、入場を制限させて頂く場合がございます)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=15837

トラックバック一覧