劇団俳優座『大岡越前』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団俳優座

三越劇場6月 劇団俳優座提携公演

『大岡越前』−卯の花が咲くとき−

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年6月10日(木)〜6月26日(土)
会場 三越劇場
〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店本館6F
PR・解説 大江戸八百八町の庶民を守る、清廉潔白、信念の人――大岡越前を加藤剛主演で描きます。
特に今回の見所は頼三四郎との親子共演だけではなく、南町奉行に就任したばかりの若き日の越前を頼三四郎が、後の越前を加藤剛が演じるダブル大岡越前にも注目です。
若き日に遭遇して気がかりになっていたある事件は、時を経て寺社奉行就任を目前に控えた越前が裁く事件と思わぬ関係が――。
その軸になる二人の人物を親子がそれぞれ越前と二役で演じます。
ストーリー 飴売りの源造(加藤剛・二役)は、生まれたばかりの孫の卯之助(頼三四郎・二役)の為にも盗みの罪で捕らえられた娘婿の冤罪をはらすべく盗人一味に手を貸し、生薬問屋の永楽堂に乗り込む。それは永楽堂の主人惣兵衛が娘婿を罠にはめた張本人であるという真実を確かめるため。そして真相を知った源造はある決意をし、あえて捕らわれることを選ぶ。源造は自分自身の罪は認めた上で「御上のなさることに万に一つも誤りのある筈はございやせん。」と忠相に命を賭した問いを投げかける。
スタッフ 脚本:筑地 久実・RaiKen Plus、演出:金子 良次、美術:石井 強司、照明:寺田 義雄、効果:小山田 昭、衣裳:二宮 義夫、殺陣:井上 謙一郎、宣伝美術:齋藤 純一(モーニングデスク)、宣伝写真:佐野 洋之、印刷:モーニングデスク、演出助手:落合 真奈美、舞台監督:石井 道隆、制作:下 哲也、沖 真裕子、製作:三越劇場、協力:同行社、題字:加藤 剛
キャスト 小笠原 良知、加藤剛、河原崎 次郎、中 寛三、川口 啓史、矢野 和朗、西川 竜太郎、齋藤 隆介、林 宏和、三浦 英明、松崎 賢吾、頼 三四郎、小田 知毅、小田 伸泰、宮川 崇、芦田 崇、阿部 百合子、小澤 木の実、竹内 千恵、みさお、小林 亜美
お問い合わせ 三越劇場
0120-03-9354
三越劇場ホームページ
劇団俳優座
03-3405-4743 / 03-3470-2888
seisaku@haiyuza.co.jp
劇団俳優座公式Webサイト

チケット発売日

2010年5月1日(土)

入場料金

一般6,300円/学生4,200円/三越劇場インターネット限定Mチケット5,040円/親子で観劇ペアチケット11,340円(全席指定・税込)

■三越劇場インターネット限定Mチケット:座席数限定・当日座席指定
■親子で観劇ペアチケット:三越劇場・劇団俳優座のみ取扱。6月18日・19日・20日・21日限定

チケット発売窓口

三越劇場 0120-03-9354
お電話でのお申込みは10:00〜18:00
※三越のカード・伊勢丹のアイカード・ドコモプレミアクラブのご優待がございます

チケット販売サイトへ

劇団俳優座 03-34705-4743
電話でのお申込みは10:30〜18:30(日・祝日を除く)

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:403-411

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
当日券情報 当日10時より劇場にて販売

公演日程

2010年6月10日(木) 〜 6月26日(土)

上演時間 約2時間40分(休25分)

2010年6月

6 7 8 9 10
  • 13:00○
  •  
  •  
11
  • 13:00○
  •  
  •  
12
  • 13:00○
  •  
  •  
13
  • 13:00○
  •  
  •  
14
  • 13:00○
  •  
  •  
15
  • 13:00○
  •  
  •  
16
  • 13:00○
  •  
  •  
17
  • 休演
18
  • 13:00○
  •  
  •  
19
  • 13:00○
  •  
  •  
20
  • 13:00○
  •  
  •  
21
  • 13:00○
  •  
  •  
22
  • 13:00○
  •  
  •  
23
  • 13:00○
  •  
  •  
24
  • 13:00○
  •  
  •  
25
  • 13:00○
  •  
  •  
26
  • 13:00○
  •  
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(2人のコメント)

加藤剛さんは、いつまで経ってもハンサムなまま。(イケメンなんて表現は、頭が軽い感じがしちゃうから、敢えてハンサムって表現する私)御子息の演技は、お父さんを追い掛けて追い掛けても、永遠に無理でしょうが、ずっとずっと、加藤剛さんには元気で、活躍して欲しいです。楽しみだなぁ〜!

大江戸八百八町の庶民を守る清廉潔白、信念の人――大岡越前守忠相を加藤剛主演でお送りします!見どころは加藤剛、頼三四郎の親子共演というだけではなく、南町奉行に就任したばかりの若き日の越前を頼三四郎が、後の越前を加藤剛が演じるダブル大岡越前にも注目です!

ブログ

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=16008

トラックバック一覧