弾丸MAMAER『遊侠日和』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

弾丸MAMAER

『遊侠日和』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年9月14日(水)〜9月18日(日)
会場 シアターVアカサカ
〒107-0052 東京都港区赤坂2-16-9
PR・解説 弾丸の昭和シリーズ第2弾。
前回の『昭和スキャンティ』とは打って変わり、今度の舞台は昭和初期のとあるやくざ一家の物語。
やくざものと言っても学校の先生の家庭訪問が主軸の話であり、所謂ホームコメディ仕立ての作品である。
親分の父親を持った三人の兄妹に付き纏う期待と願望と運命。
理想と現実と狭間でうごめく、男の在り方、女の在り方を、侠客の親と学校の先生の教育方針真逆の二つ立場から突き詰めていく。
2005年夏の終わり、弾丸MAMAER待望の新作。
どちらさんも、仁義を切ったらドスだけ持って御訪問ください。
ストーリー 昭和初期、東京下町―
体を張った暮らしの中で、
人知れず滴る子供の涙
そんな生徒のお宅へ、
家庭訪問をすることになりました
その子のおうちは、侠客一家でした―

「先生、
 うちの子に必要なもんは、
 教科書じゃねぇ、
 かといってドスでもねぇ、
 とりあえず、お茶でも飲め。」
スタッフ 作・演出=竹重洋平/美術=佐藤朋有子/照明=(株)ライトスタッフ/音響=宮崎裕之(ステージハットリザウルス)/殺陣=坂本和弘/ヘアメイク=池浦順子/大道具=夢工房/小道具=高津映画装飾株式会社/舞台監督=山田和彦/企画・制作=弾丸MAMAER事務局 ほか
キャスト 中村哲人/上海菜都子/山口晶由/日向宏之(吉江企画)/馬渡直子(三年物語)/河合伸之/田中美奈子/滝上裕二/椿克之/藤本聡/木村慎一(三年物語)/小林香織(ワンダー・プロ)/田仲晶/岡本麻以子/高橋カオリ/今田志乃/安藤純(有限会社J-beans)/星野恵亮(Nの2乗)/広瀬正典(バッハ666)/藤原進一朗(有限会社レトル) ほか
お問い合わせ 弾丸MAMAER事務局
03-5545-1312
info@dangan-mamaer.gogo.tc
弾丸MAMAERオフィシャルサイト
制作直通(古谷)
080-5377-7789

チケット発売日

2005年7月23日(土)

入場料金

前売り3,000円/当日3,500円(全席指定・税込)

※15日(木)14:00の回に限り、前売り・当日共に,800

チケット発売窓口

弾丸MAMAER 080-5377-7789

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2005年9月14日(水) 〜 9月18日(日)

2005年9月

11 12 13 14
  • 19:00
  •  
  •  
15
  • 14:00◎
  • 19:00
  •  
16
  • 19:00
  •  
  •  
17
  • 14:00
  • 19:00
  •  
18
  • 13:00
  • 17:00
  •  
19 20 21 22 23 24
※開場は開演の30分前/受付は開演の1時間前
※15日(木)14:00の回に限り、前売り・当日共に,800

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=1615

トラックバック一覧