第9回シアターX国際舞台芸術祭IDTF2010『プロポーズ/四人舞』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

第9回シアターX国際舞台芸術祭IDTF2010

チェーホフの鍵

『プロポーズ/四人舞』オープン・ガラ・パフォーマンス

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

チェーホフ生誕150年記念 第9回シアターX国際舞台芸術祭(IDTF)2010

6月1日〜7月4日まで開催

公演データ

公演期間 2010年6月1日(火)
会場 シアターΧ
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
PR・解説  シアターΧ(カイ)インターナショナル・ダンス&シアター フェスティバル(IDTF) は、1994年から隔年で開催しています。ダンスをやる人が自ら課している要素は演劇をやる人にも大いに必要 逆に、ダンスの人には演劇的な課題の必要性を感じるところでもありと、第3回目からはメインテーマを「考える人と踊る人」、第4回「中国の不思議な役人」と決めたりし、ダンス・演劇・音楽・学問・・・・をハイブリッドした冒険と模索を試みた。第5回「現実を抱きしめて」、第6回「仮面と身体」、第7回「幽色霊気 Phantom Love Energy Spirit」。そして前回は「宙吊りの彷徨」というテーマで、オペラ『小さな魔笛』、『小栗と照手』、『踊る妖精 阿国のメタモルフォーゼ』、インドネシアやブラジル、ポーランドからの参加作品など、全25団体の作品が上演されました。
ストーリー  チェーホフ生誕150年の今年のメイン・テーマは『チェーホフの鍵』。ロシアから、実力・人気ともにナンバーワン、モスクワのエトセトラ劇場『人物たち』やサンペテルブルクのボリショイドラマ劇場『小犬を連れた奥さん』が来日する他、アメリカ、韓国、日本の演劇作品、落語や浪曲によるチェーホフなどが6月1〜10日まで連日上演、その後7月4日までは24団体のダンス、舞踏、パフォーマンスと多岐に渡ってチェーホフに取り組んだ作品が繰り広げられます。
 チェーホフがやろうとしたこと、もしもいまチェーホフが生きていたらやろうとすることを追い、考える34日間です。
スタッフ プロポーズ A Marriage Proposal

演出:レオニード・アニシモフ Leonid Anisimov
キャスト プロポーズ A Marriage Proposal

 
 出演:ポール・レイヤー Paul Layer、泉野千里 Chisato Izumino、イ・ジェサン Rhee Jae-sang

四人舞 Four Dancers Solos

 ケイタケイ『Light Part 8』
 石黒節子『歌』A requiem to Pina
 ヨネヤマママコ『ラスベガスを食い尽くすゴジラ』Godzilla Eats Las Vegas!
 折田克子『柔らかい月』The Sensitive Moon
お問い合わせ シアターX
03-5624-1181
info@theaterx.jp
シアターX

入場料金

一般3,000円/学生・シニア2,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

シアターX 03-5624-1181

チケット販売サイトへ

当日券情報 開場時、劇場にて発売予定

公演日程

2010年6月1日(火)

上演時間 約2時間(休憩あり)

2010年6月

    1
  • 19:00
  •  
  •  
2 3 4 5

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=16377

トラックバック一覧