第9回シアターX国際舞台芸術祭IDTF2010『人物たち』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

第9回シアターX国際舞台芸術祭IDTF2010

エトセトラ劇場(ロシア・モスクワ)

『人物たち』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

チェーホフ生誕150年記念 第9回シアターX国際舞台芸術祭(IDTF)2010

6月1日〜7月4日まで開催

公演データ

公演期間 2010年6月9日(水)〜6月10日(木)
会場 シアターΧ
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
PR・解説 チェーホフの短編小説を、世界的名優A.カリャーギンが対立する人物像としてビビッドに抽出し、「二人俳優の芝居」に脚色・演出。同じく手強い人気俳優V.シーモノフを相手に演ずる鋭い演技バトル、激痛の走る笑喜劇。
 2001年「シアターXチェーホフ演劇祭40日間で日本初演され、絶賛された。待望の再来日。
(ロシア語上演・説明つき)
ストーリー 作品:『異国で』『精神病者たち』『暇つぶし』『わるもの』『外交官』

人間の痛みを本当に表現できる俳優とは…
 「俳優は生涯を通じて、自分自身に絶えず問いかけをしないといけない。俳優は演じる役について、自分自身にたくさんの質問をするんだ。僕は役の人物について自分自身に50くらいの質問をする。戯曲に書かれていないことについても質問をする。たとえば、『機械仕掛けのピアノのための未完成の戯曲』のプラトーノフを演じたとき、僕はプラトーノフはどんな子供時代を過ごしたのか? 母親は彼を愛したのかどうか、母親は彼をどんなふうに育てたのか、自分自身に問いかけた。だけど、俳優はすべての質問に答えてしまってはいけない。70パーセントの質問に答えて、あとの30パーセントについては舞台の上で、自らの直感に頼って答えなければならない。50の問いすべてに答えられるとすれば、その人は演劇研究家であって、俳優ではない」
 ロシアの俳優たちは、即興で演じることをとても大切にしている。この直感で演じる部分の幅──これが他でもない即興なのだろう。
 「直感で演じることが俳優にはとても重要なんだ。といっても、俳優は自分自身にたくさんの問いかけをしなければならない。自分は何のために生きているのか、という宇宙規模の質問に始まって、何のために自分はこの役を演じるのか、何のためにいまこのセリフを言うのか、という具体的な質問までするんだ。必ずしもすべての問いに答えなくてもよいけれど、問いかけだけはしなければならない。問いそのものの中に答えが含まれていることもあるしね。とにかく、俳優というのは、生涯にわたって、自分自身に問いつづけなければならないんだ」
(「ロシア 春のソナタ、秋のワルツ」新評論/安達紀子著より抜粋)
スタッフ 構成・演出:アレクサンドル・カリャーギン Alexander Kalyagin
キャスト アレクサンドル・カリャーギン Alexander Kalyagin、
ウラジミール・シーモノフ Vladimir Simonov

入場料金

5,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

シアターX 03-5624-1181

チケット販売サイトへ

当日券情報 開場時、劇場にて

公演日程

2010年6月9日(水) 〜 6月10日(木)

上演時間 約70分(字幕イヤホンなし、説明あり)

2010年6月

6 7 8 9
  • 19:00
  •  
  •  
10
  • 14:00
  •  
  •  
11 12

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=16385

トラックバック一覧