ナノスクエア『モスリラ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ナノスクエア

朗読劇

『モスリラ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年7月16日(金)〜7月19日(月・祝)
会場 セッションハウス
〒162-0805  東京都新宿区矢来町158
PR・解説 ナノスクエアは、2007年より演劇製作をスタートし、コメディ、サスペンス、リアリティ、社会派など、様々な作家・演出家による幅広いジャンルの作品を上演しています。
この度、昨年9月にアサヒアートスクエアで上演し好評を得た朗読劇「モスリラ」を、新たなキャストを迎えて再演いたします。
脚本・演出は初演に引き続き、弊社第3回公演「258」でも脚本を担当した演劇企画体ツツガムシの林竜之助。ダイナミックながらも繊細な心理描写で綴ったサスペンスタッチの朗読劇を、更にブラッシュアップいたします。
演じるキャストは、更に個性的な面々が集結しました。初演同様、各配役ともトリプルキャストで、舞台、映像、ミュージカル、アニメーションなど様々なフィールドで活躍する俳優陣が、公演ごとに配役の組合せを変え、毎回1度きりの競演に挑みます。
ストーリー 山根アキラは、少年時代に亡くした母親の死の謎を追ううちに、森村なつきと出会い、恋に落ちる。どこか気質の似通った二人の仲は次第に深まって行く。そんなある日、森村は小学校の同窓会に出かけ、15年ぶりに、同級生の和田守に再会する。しかし、彼女は、当時和田と交わしたある約束を覚えてはいなかった……。つい昨日まで、ばらばらの人生を送っていたはずの三人が出会い、そして、別れる。あとには、聞いたことにない名前の花、モスリラが残され、乾いた風にその身を揺らすばかりである……。
スタッフ 脚本・演出:林 竜之助、照明:鈴村 淳、音響:井出“PON”三知夫(La Sens)、舞台監督:上田 実、宣伝美術:小西 玲太朗、企画・製作:ナノスクエア
キャスト 阿部よしつぐ 植野堀まこと 桑原裕子(KAKUTA) 佐藤美貴 田中壮太郎 松風雅也 松下恵 宮原将護 村田充(トリプルキャスト 五十音順)
お問い合わせ ナノスクエア
03-5724-7223
info@nano-square.com
電話は 月〜金10:00〜17:00

チケット発売日

2010年5月15日(土)

入場料金

前売・当日共4,200円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

ナノスクエア http://www.nano-square.com/moss2/ticket.html

チケット販売サイトへ

カンフェティチケットセンター 0120-240-540

チケット販売サイトへ

公演日程

2010年7月16日(金) 〜 7月19日(月・祝)

2010年7月

11 12 13 14 15 16
  • 19:00
  •  
  •  
17
  • 14:00
  • 18:00
  •  
18
  • 12:00
  • 15:30
  • 19:00
19
  • 13:00
  • 17:00
  •  
20 21 22 23 24

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=16401

トラックバック一覧