劇団ACM『走れメロス』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団ACM

ACMファミリーシアター

『走れメロス』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年6月19日(土)〜6月20日(日)
会場 水戸芸術館
〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8
PR・解説 ------------------------------------------------------------------------

奇跡を起こすのは、特別な人じゃない。

メロスと、メロスを信じた男たちの"信実"の物語。

------------------------------------------------------------------------

太宰治の名作『走れメロス』を、
水戸芸術館専属劇団ACMが舞台化します!
ご家族みなさんで楽しんでいただける作品です。

★劇団ACMとは・・・★
水戸芸術館ACM劇場を拠点に活動している専属劇団です(ACM=Acting Company Mito)。
1990年の開館以来、オリジナルの演劇作品の上演のほか、館内外での朗読会、
水戸市立の全小学校での演劇鑑賞会など、さまざまな活動を行っています。
ストーリー 妹の婚礼の支度のためシラクサの街に出かけた羊飼いのメロス。
ところが、シラクサはもう以前の美しい街ではなかった。
次々と人を殺す国王の残虐な振る舞いに、街の人々は怯えきっていたのだ。
「暴君を生かしてはおけぬ」とメロスは王宮に乗り込むが、
あっという間に捕えられ、磔(はりつけ)にされることになる。
王はメロスの要求通り、3日間の猶予を与えた。
村へ帰り、妹の結婚式を挙げ、3日目の朝、
メロスはシラクサへ戻るべく走り出した。
殺されるために。
そして、身代わりとなった友の信頼のために――。
スタッフ 原作◎太宰治
脚本・演出◎長谷川裕久

照明=佐野清一 美術=二ノ宮康弘
音響=山本基之 衣裳=鯉沼言乃美
舞台監督=佐藤保誠、目原瞬
舞台スタッフ=水戸芸術館舞台技術係
衣裳スタッフ=岡部利佐子、軍司通子
宣伝美術=菊池広子
Illustration=オカヤイヅミ
宣伝写真=松本美枝子
制作=水戸芸術館ACM劇場
芸術監督=松本小四郎
キャスト 塩谷 亮
遠島立夫
大内真智
小林祐介
澤田考司
ほか
お問い合わせ 水戸芸術館ACM劇場
029-227-8123
水戸芸術館公式サイト

チケット発売日

2010年5月9日(日)

入場料金

おとな1,500円/こども800円(全席指定・税込)

こども=中学生以下

チケット発売窓口

水戸芸術館チケット予約センター 029-225-3555

チケット販売サイトへ

公演日程

2010年6月19日(土) 〜 6月20日(日)

上演時間 約70分

2010年6月

13 14 15 16 17 18 19
  • 14:00※
  • 18:30
  •  
20
  • 16:00
  •  
  •  
21 22 23 24 25 26
※託児サービス有り

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=16406

トラックバック一覧