人形劇団ひとみ座『バイセクル the bicycle』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

人形劇団ひとみ座

セリフのない人形劇

『バイセクル the bicycle』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年8月19日(木)〜8月21日(土)
会場 県民共済みらいホール
〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-1-8-2 県民共済プラザビル1階
PR・解説 アメリカの絵本作家 エドワード・ゴーリーの作品から2冊を 初の人形劇化!
(「優雅に叱責する自転車」「不幸な子供」)
白黒をベースとした美術、突拍子もないストーリー、舞台いっぱい駆け回るしゃべらない人形達が、ゴーリーのナンセンスでシニカルな世界をお届けします。

2004年の川崎公演からスタートし、シアターΧ(東京)、香港文化庁招聘公演を経て、たくさんのお客様たちに喜んでいただきました。今回、ファミリー向けに再構成してから初のお披露目です。まだ観てない方、もう観た方も、是非、この夏、新しい「バイセクル the bicycle」をお楽しみください!!
ストーリー 火曜日の次の日で、水曜日の前の日のこと。姉エンブリーと弟ユーバートは ペダルのない奇妙な自転車に出会う。勝手に走る自転車に乗って二人はフシギな旅へ。大きな鳥につぶされたり、変な生き物に出会ったり・・・。二人の旅の行方やいかに!(「優雅に叱責する自転車」)
裕福な家庭で幸せに育った少女シャーロット。お父様の戦死をきっかけに不幸の道へ。寄宿学校でいじめられ、ごろつきにさらわれて・・・。一方、実は生きていたお父様が、行方不明のシャーロットを探し始める。(「不幸な子供」)
スタッフ 構成・演出/石川哲次・友松正人  美術/吉澤亜由美  音楽/やなせけいこ・佐藤謙一  人形機構/中村孝男  舞台監督/西上寛樹  制作/半谷邦雄・木俣かおり
キャスト 篠崎亜紀・小林加弥子・勝又茂紀・山下潤子・田中弘映・冨田愛・友松正人
お問い合わせ 人形劇団ひとみ座
044-777-2222
studio@hitomiza.jp
ひとみ座「the bicycle バイセクル」特別サイト

入場料金

前売2,500円/当日2,800円/ひとみ座倶楽部会員2,200円(全席指定・税込)

4歳以上均一料金

チケット発売窓口

発売初日特別電話番号

チケットぴあ 2010-6-7
人形劇団ひとみ座 044-777-2222
FAX 044-777-5111
E-mail studio@hitomiza.jp
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:403-266
横浜読売プレイガイド 045-201-0812

公演日程

2010年8月19日(木) 〜 8月21日(土)

上演時間 約60分

2010年8月

15 16 17 18 19
  • 14:00
  •  
  •  
20
  • 11:00
  • 14:00
  •  
21
  • 14:00※
  • 18:30※
  •  
終演後アフタートークあり 「エドワード・ゴーリーをめぐって」 柴田元幸(東大文学部教授)他

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=16472

トラックバック一覧