演劇ユニット トレランス『アセンション・ミロク』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇ユニット トレランス

『アセンション・ミロク』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年7月7日(水)〜7月13日(火)
会場 あうるすぽっと
〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
PR・解説 その秘密結社は、世界滅亡の謎を追っていた。
2009年夏に観客に衝撃を与え、早くも2010年1月に再演となったアセンション2012。
好評を博したアセンションの物語がシリーズ第二弾として登場!
作・演出の上杉祥三が5年ぶりに主演も務め、弥勒の世界と真実を描き出す。
ストーリー 昭和26年、敗戦国日本はまだ占領国家だった。
文化財保護委員会の国家選定にてGHQは奈良の大仏を国宝第一号に推したが、
仏師、秋元又市は「ある存在」からの天啓を受け、たった124センチの後光も光背もない
素朴な弥勒菩薩を、どうしても国宝第一号にしなければならないと熱弁した。
「国が滅びた今こそ、聖徳太子が祈願したように弥勒をまつれば日本は必ず復興する」と。
委員会は又市の意向を受け入れ、弥勒菩薩を国宝第一号に認定した。
翌年、日本は晴れて独立国家となるが、まもなく又市は謎の何者か暗殺された。
日本は又市の予言通り、20年後、世界第2位の経済大国となった。

そして時は流れ、平成22年。大手旅行会社でリストラを言い渡された吉川幸也は、失意の底で「ある存在」からの声を聞く。
「落胆するな。起こることはすべてあの世でお前が決めたことだ」
それは60年前、まさに又市に降りた、あの「存在」からの天啓だった。
おびえる幸也。そこに見知らぬ女性からの電話で、秘密結社「アセンション・ミロク」の存在を知らされる。
一年前に急死した幸也の会社の部下、鮫島も入っていたというのだ。

秘密結社とは?鮫島の死の秘密とは?そして「ある存在」とは…!?
謎の先に幸也が辿り着く真実は、誰もが知りえないこの世のからくりだった!
スタッフ 作・演出:上杉祥三  美術:箕田英二  照明:大村真一  音響:古川直幸  舞台監督:高木啓吾  演出助手:姫野恵二  舞台撮影:石川純  宣伝美術:神野晋一(アナログエンジン)  制作:島田敦子(J-Stage Navi) 早川あゆ(J-Stage Navi)  
キャスト 上杉祥三 長野里美 岡森諦(扉座) 平野勲人 高木稟(転球劇場) 篠山美咲 太宰美緒 坂本三成 円堂耕成 板津未来 大谷秀一郎 山形啓将 内村遥 古賀信義 夏谷理恵 小石川祐子 川又麻衣子 石神まゆみ 宮田智佳 三上奈穂 渋谷弥生
お問い合わせ J-Stage Navi
03-5971-9002
J-Stage Navi

チケット発売日

2010年6月1日(火)

入場料金

前売り4,500円/当日券4,800円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

発売初日特別電話番号

チケットぴあ 0570-02-9999
※発売当日は特電でも受付
ローソンチケット 0570-000-407
※発売当日は特電でも受付
J-Stage Navi 03-5971-9002

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:403-745
ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-003 Lコード:34643
e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2010年7月7日(水) 〜 7月13日(火)

上演時間 約1時間40分

2010年7月

4 5 6 7
  • 19:00
  •  
  •  
8
  • 19:00
  •  
  •  
9
  • 19:00
  •  
  •  
10
  • 14:00
  • 19:00
  •  
11
  • 14:00
  •  
  •  
12
  • 19:00
  •  
  •  
13
  • 14:00
  •  
  •  
14 15 16 17

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=16675

トラックバック一覧