手塚夏子協働組合『私的解剖実験-5』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

手塚夏子協働組合

『私的解剖実験-5』関わりの捏造

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年6月25日(金)〜6月28日(月)
会場 こまばアゴラ劇場
〒153-0041 東京都目黒区駒場1-11-13
PR・解説 2001年に発表したソロ作品「私的解剖実験」以来、体を観察することで作品を生み出してきた手塚夏子。’02年初演の「私的解剖実験-2」では体の一部分に意識を集中することで自然に生まれる動きを振付として提示し、’03年初演の「私的解剖実験-4」では日常生活の微細な体の動きを模写するというアプローチを試みた。
手塚夏子の観察の対象は、「自分自身の体」の観察から始まり、人間の体の「深層」と「表層」との関係に観察の対象は移行した。そして、今回初演する「私的解剖実験-5」では、人間と人間が「関わっている体」を観察の対象とした。
日々、誰かと向き合い関わっている私たちの体。そこでは、相手の体から受けた影響によって自分の体も常に変化し、生成している。また、自分の体によって相手の体に影響を及ぼし、相手の体もまた変化し続けている。今回の新作では、そうした「関わり」を作品の源泉としている。
ストーリー パソコンを介して誰かと向き合う時、電車に乗って漠然と景色を見ている時、誰かと話していて全く別のことを考えている時、誰かに受け入れられていると感じた経験を全く忘れてしまう時、自分を成り立たせている要素の変化が絶えず起きている。それぞれのパターンがあって、それを自分だと感じたりする。自分を自分たらしめているもの、そう思いこんでいることから、少しだけズレてみる。化粧を変えるみたいに。
スタッフ 振付:手塚夏子
照明:中山奈美
音響:牛川紀政
舞台監督:原口佳子
キャスト 篠原健 小口美緒 若林里枝 手塚夏子
お問い合わせ 手塚夏子協働組合
042-689-5593
5netsuzou@gmail.com
手塚夏子の公演案内

入場料金

前売2,500円/当日3,000円(税込)

カラダカフェスペシャル(6/27・18:00スタート)は1,500円

チケット発売窓口

手塚夏子協働組合 042-689-5593
ご予約はhttp://natsukote-info.blogspot.comより所定のフォームにご入力ください。

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演40分前より劇場にて販売

公演日程

2010年6月25日(金) 〜 6月28日(月)

※託児サービスあり
☆トークイベント「カラダカフェスペシャル」を開催。ゲストに認知言語学者の宇野良子氏を迎えて「自分という感覚の境界」をテーマに対談します。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=16728

トラックバック一覧