劇団 Ugly duckling『ゲゲゲのげ−逢魔が時に揺れるブランコ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団 Ugly duckling

現代演劇レトロスペクティヴ 劇団 Ugly duckling 特別公演

『ゲゲゲのげ−逢魔が時に揺れるブランコ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年7月9日(金)〜7月11日(日)
会場 伊丹市立演劇ホール(AI・HALL)
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号
PR・解説 日本の現代演劇の歴史を俯瞰し再検証する「回顧展」として、関西気鋭の劇団が
時代を画した作品群に挑む、AI・HALL自主企画『現代演劇レトロスペクティブ』

今回、この企画に劇団 Ugly ducklingが挑みます!

選んだ作品は、1982年に初演された渡辺えり子(現・渡辺えり)氏の代表作であり、
第27回(1983年)岸田國士戯曲賞受賞作 『ゲゲゲのげ−逢魔が時に揺れるブランコ』。

時間と空間の魔術師が描く眩惑の風景画。
この世ならぬものたちとの邂逅を通じて、失われた魂と絆の再生を描く。
ストーリー 小学5年生の「マキオ」は毎日悲惨ないじめにあっていた。
彼を救いに現れたのは、あのダークヒーロー・ゲゲゲの鬼太郎。
2人は一緒に、学園いや世界に巣食う妖怪を次々に退治していく。
しかし魂に巣くう“最後の妖怪”の正体は思いもよらぬ人物で・・・。

"頭をこらせ。目を見張れ。お前の魔境をようく見るんだ--"
スタッフ 舞台監督:永易健介/音響:金子進一(T&Crew)/照明:皿袋誠路((株)PAC west)/舞台美術:池田ともゆき(TANC!池田意匠事務所)/ 音楽:藤田辰也/大道具製作:浜本浩志、谷雅之/画:でぐちやよい/宣伝美術: 野田智子/制作: 植田宏美/制作協力: 尾崎雅久(尾崎商店)
キャスト 出口弥生/吉川貴子/ののあざみ/村上桜子/樋口ミユ/池田祐佳理/蟷螂襲(PM/飛ぶ教室)/寺田剛史(飛ぶ劇場)/太田浩司(未来探偵社)/大森一広/忽那一樹/得田晃子(水の会)/豊田真吾(デス電所)/松嵜佑一/三田村啓示(空の驛舎)/ゲスト:
宮沢十馬(異国幻燈舎)
お問い合わせ 劇団 Ugly duckling
06-6933-3455
contact@ugly-d.com
劇団 Ugly duckling

チケット発売日

2010年5月10日(月)

入場料金

先行前売2,800円/一般前売3,000円/一般当日3,200円/ペアチケット5,500円/学生(大学・専門学生)1,500円/高校生以下ワンコイン500円(全席自由・税込)

先行前売は2010年6月11日(金)まで販売。それ以降は一般前売料金。
ペアチケット、高校生以下ワンコインチケットが劇団のみお取り扱い。

チケット発売窓口

劇団 Ugly duckling 06-6933-3455

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:404-253

チケット販売サイトへ

公演日程

2010年7月9日(金) 〜 7月11日(日)

2010年7月

4 5 6 7 8 9
  • 19:00☆
  •  
  •  
10
  • 14:00
  • 19:00
  •  
11
  • 14:00
  •  
  •  
12 13 14 15 16 17
☆ 終演後、シアタートークあります。
   ゲスト:渡辺えり氏

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=16773

トラックバック一覧