アートネットワーク・ジャパン+Ort-d.d プロデュース『サーカス物語』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

アートネットワーク・ジャパン+Ort-d.d プロデュース

にしすがも創造舎演劇上演プロジェクトvol.1

『サーカス物語』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年10月7日(金)〜10月10日(月・祝)
会場 にしすがも創造舎特設劇場
東京都
PR・解説 ―サーカスの興奮とファンタジーのときめき、エンデの人気戯曲を劇化!―

『ジム・ボタンの冒険シリーズ』『モモ』『はてしない物語』などの童話作家として知られるミヒャエル・エンデは、劇作家でもありました。若い頃、ミュンヘンの演劇学校で俳優をし、ブレヒトの演出も受けたこともあるエンデは、ブレヒトの演劇理論の研究したのち、その理論からは離れて、いくつかの興味深い戯曲を残しています。

エンデが47歳のときに書いた戯曲『サーカス物語』は、ちょうど時期的に『モモ』と『はてしない物語』の間に位置する作品で、消えゆくサーカスへの想いや文明に対する警鐘をスケールの大きいファンタジックな物語に仕上げた傑作です。

サーカスの劇中劇で語られる明日国の運命、人間にとって本当に大事なものは何かの問いかけが胸に迫ります。
スタッフ 作=ミヒャエル・エンデ(岩波書店刊)/訳=矢川澄子/演出=倉迫康史/美術=伊藤雅子/照明=木藤歩(balance,inc)/衣装=竹内陽子/舞台監督=弘光哲也/音響=水村良(AZTEC)/アンサンブルディレクション=棚川寛子/歌唱ディレクション=土井都希和 ほか
キャスト あきやまかおる/綾田將一(reset-N)/伊澤勉/石川正義(ク・ナウカ)/市川梢/沖田みやこ(のこされ劇場≡)/小田さやか/笠木誠/金子由菜/小林紀貴/さとうまりこ/平佐喜子/谷口直子/堂下勝気(怪童堂)/凪景介/三橋麻子(Ort-d.d)/宮光真理子/村上哲也/村島智之/渡辺麻依
お問い合わせ NPO法人アートネットワーク・ジャパン
03-5961-5200
anj@anj.or.jp
にしすがも創造舎

入場料金

一般3,000円/学生(当日要学生証提示)2,000円/子ども(3歳以上〜小学生)1,000円/親子チケット(一般+こども)3,500円/豊島区民割引(ANJのHP・電話のみ扱)2,500円(全席自由・税込)

*3歳未満のお子様の入場はご遠慮ください

チケット発売窓口

NPO法人アートネットワーク・ジャパン 03-5961-5200

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:363-765

公演日程

2005年10月7日(金) 〜 10月10日(月・祝)

2005年10月

2 3 4 5 6 7
  • 19:00
  •  
  •  
8
  • 14:00
  • 19:00
  •  
9
  • 14:00●
  •  
  •  
10
  • 14:00
  •  
  •  
11 12 13 14 15
●ポスト・パフォーマンス・トークあり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=1698

トラックバック一覧