財団法人日本ナショナルトラスト  たてもの応援団『白浪看板』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

財団法人日本ナショナルトラスト  たてもの応援団

池波正太郎没後二十年によせて 2010七夕 かたりとがおくる「語りと和楽」

『白浪看板』東京都名勝指定文化財 旧安田楠雄邸

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年7月3日(土)
会場 東京都名勝指定文化財 旧安田楠雄邸
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-20-18(地下鉄千駄木駅6分)
PR・解説 日本の文庫本で2000万部以上売れているシリーズは、池波正太郎『鬼平犯科帳』と司馬遼太郎『竜馬が行く』のみと言われます。この二大巨頭の一角『鬼平…』すなわち長谷川平蔵が、シリーズ化前に登場したのが短篇『白浪看板』。作中、根津権現や上野広徳寺(現台東区役所)など、旧安田邸に程近くお馴染みの場所も大切な役割を果たします。今年は池波正太郎氏没後20年、その瑞々しい筆致を「語り」でご堪能下さい。
キャスト かたりと katari+ito
語り(北原久仁香)と和楽(津軽三味線 小池純一郎)で物語を織り成す芸人衆
津軽三味線は「坊様(ぼさま)」と呼ばれる盲目の人たちが家々を回った門付けが、芸の始まりと言われ、彼らも持っていたであろう「看板」とこの物語の重要人物が語る「看板」には通じ合うものが感じられる。序幕では、坊様達も弾いた「旧節」をおおくりする。
お問い合わせ 旧安田楠雄邸
03-3822-2699
y-yoyaku@national-trust.or.jp
たてもの応援団

入場料金

2,000円(税込)

チケット発売窓口

03-3822-2699
電話受付けは、水曜・土曜のみ
mail:y-yoyaku@national-trust.or.jp

チケット販売サイトへ

公演日程

2010年7月3日(土)

上演時間 プログラム
序 『津軽じょんから節 旧節』
語りと和楽『白浪看板』(前篇)
  〜休憩〜
語りと和楽『白浪看板』(後篇) 約1時間

2010年7月

        1 2 3
  • 17:00
  • 19:00
  •  
当日は、15時まで通常公開をしています。
公演の開場は、各30分前です。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=17037

トラックバック一覧