La・Moon『なぞらえ屋』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

La・Moon

四谷於岩稲荷 田宮神社 勧進奉納舞台

『なぞらえ屋』〜不思議底七歌〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年4月1日(金)〜4月3日(日)
会場 前進座劇場
〒180-8570 東京都武蔵野市吉祥寺南町3-13-2
PR・解説 小説家・脚本家の有里紅良と、漫画家の夢来鳥ねむ率いる創作集団「La・Moon」がお送りする舞台「なぞらえ屋」。
四谷怪談で有名な「お岩さん」を祀っている於岩稲荷田宮神社の宮司さんよりお話を頂き、於岩稲荷田宮神社勧進奉納舞台「なぞらえ屋〜奇巡四谷怪談〜」を2009年9月に旗揚げ。
2011年4月に第二弾の於岩稲荷田宮神社勧進奉納舞台「なぞらえ屋〜不思議底七歌〜」が決定。
まだまだ至らぬところばかりの朧月・・・ツキ満ちて観月出来ますよう、誠心誠意勤めさせていただきます。
ストーリー さても不思議。
巡る因果はこの世の中に、知らず知らずに深い轍を刻む。
そして多くの人々は、それに全く気づかずに、
まんまと同じ道を辿ってしまう。
それがなぞらえ、『轍』の縛り。
その轍を読み、轍に嵌った人々を
助けることを生業とする族がいる。
風の噂に人々は彼らをこう呼んだ。
――――『なぞらえ屋』と。

だがしかし。
不思議の国は奈落の底。
落ちた少女は何を見る。
七つの歌は、人の心に潜む奈落。
ほら今日も誰かが呟く―――魔が差した、と。

挑む轍は、
世界中の子供の心を捉えてやまない、不思議の国のアリス。
そして、7つの魔物たち。
さあ身も心もとろけるような、魔界のお茶会へご招待。
奈落の底の饗宴の果てに、
果たしてなぞらえ屋たちは真実を掴むことができるのか?
――――あのこは、たあれ?
スタッフ 原作・脚本:有里紅良
演出:石山英憲(Thatre劇団子)
キャラクター・ビジュアルデザイン:夢来鳥ねむ
キャスト 出演:伊藤夢樹/大高雄一郎(Thatre劇団子)/千葉繁(特別出演)
お問い合わせ La・Moon
03-3990-5898
nazorae@la-moon.net
なぞらえ屋公式HP

チケット発売日

2010年12月15日(水)

チケット発売窓口

La・Moon

公演日程

2011年4月1日(金) 〜 4月3日(日)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=17108

トラックバック一覧