フーズ・カンパニー『「冬の花火」「春の枯葉」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

フーズ・カンパニー

101年目の太宰治

『「冬の花火」「春の枯葉」』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年8月21日(土)〜8月22日(日)
会場 長崎市チトセピアホール
〒852-8135 長崎県長崎市千歳町5-1チトセピアビル2F
PR・解説 太宰が終戦の翌年に書いた戯曲『冬の花火』『春の枯れ葉』を
戦後生まれの河野ミチユキ(ゼロソー)と福田修志が現代において脚色・演出。
両劇団の役者もシャッフルして、1公演で2作品を連続で上演。
ストーリー 「冬の花火」
終戦後、初めての冬を迎えた津軽地方のとある村。
東京から戻ってきた数枝の我が儘な態度に憤る父・伝兵衛。
数枝の夫である島田は、未だ戦地から帰らないが数枝には男がいるらしい。
そんな数枝に伝兵衛は、娘の睦子を譲って欲しいと持ちかけ、数枝を想う男・清蔵は、自分と一緒になるべきだと執拗に迫る。
冬の津軽に場違いな線香花火が、燃え、落ちる。

「春の枯葉」
1946年に発表された太宰の戯曲。戦後の津軽を舞台に
国民学校教師で婿養子の男・野中彌一とその妻、義母、若い同僚と彼の妹らが
当時の社会情勢や地元の因習などの重圧に思い悩み、あるいは強く生きていこうとする様を
雪の下に堆積して翌春に再び顔を出す枯葉になぞらえて自らに問いかける。
キャスト 「冬の花火」
出演:篠崎雅・川内清通・岡本匡史(F's Company)・田中がん(象さんのふかづめ)・松岡優子(ゼロソー)

「春の枯葉」
出演:古田翔太郎・ますながあすか(ゼロソー)・田中俊亮・松本恵(F's Company)

チケット発売日

2010年6月18日(金)

入場料金

一般2,500円/学生1,000円(全席自由・税込)

※当日500円増し

チケット発売窓口

フーズ・カンパニー事務局 080-6417-4946
Corichチケット!
https://ticket.corich.jp/apply/19891/

チケット販売サイトへ

サルカンバ! 090-2397-2841

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-008 Lコード:89216
浜屋プレイガイド 095-818-2230
くさの書店(西友道の尾店) 095-857-2560
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2010年8月21日(土) 〜 8月22日(日)

2010年8月

15 16 17 18 19 20 21
  • 19:00
  •  
  •  
22
  • 14:00
  •  
  •  
23 24 25 26 27 28

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=17119

トラックバック一覧