ブルドッキングヘッドロック『サクセスの空』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ブルドッキングヘッドロック

MITAKA"NEXT"Selection 6th 参加

『サクセスの空』vol.10

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年9月9日(金)〜9月11日(日)
会場 三鷹市芸術文化センター 星のホール
〒181-0012  東京都三鷹市上連雀6-12-14
PR・解説 なにが問題なのだろう。
「サクセス」の話である。タイトルにしといてなんだが、どうにも気持ちが悪い。
音の問題だろうか。サクセスと声に出してみる。爽快だ。
これはやはりサ行が三つも入ってるからだろう。
なかでも冒頭の「サ」が大きな役割を果たしていると考えられる。
これは日本語に訳した場合にも当てはまるだろうが、
三つも入ってる方がより強烈なのは言うまでもない。
サクセスしてサクセスしてサクセスしまくる爽快な物語。
そんなのもう、かつてない怖ろしいお話しになるに決まってるじゃないですか。
ストーリー  かつて、俗に言う青春的な時代、男には友人と呼べる男達がいた。その中に一人、なぜか全てがうまくいくように思える男がいて、ていうか実際なんでもうまくいき、案の定、現在その友人はなんか全てがうまくいっていて、たいそう豊かな暮らしをしているのだという。落ちてる新聞で読んで知った。
 どん底な男は考えた。あの時、あの男がうまくいき、自分がうまくいかなかったあの時から、全ての歯車が狂い始めたのだと。全部あいつに持ってかれたのだと。あんのやろう!と。
 やがてどん底男の情念は、溜まりに溜まって沼になり、池になって湖になって、やがて時を動かす大河を作りだす。懐かしいあの時代、全てが動き出し、全てがうまくいくはずだったあの時代へと、全てをひっくり返す逆流となって物語は流れ始めるのだった・・・。
 うまくいく男とうまくいかない男、そこそこにやってる男にいい女やな女、あらゆる人々のあらゆる思いが時間を越えて錯綜し、ひっくり返ったり返らなかったりしながら「あるべきところ」へと辿り着く騒乱絵巻。
スタッフ 作・演出=喜安浩平(ナイロン100℃)/舞台監督=谷澤拓巳/照明=斎藤真一郎(A・P・S)/音響=水越佳一(モックサウンド)/舞台美術=長田佳代子/宣伝美術=オカイジン/舞台写真=石澤知絵子 ほか
キャスト 篠原トオル/西山宏幸/小島聰/寺井義貴/猪爪尚紀/永井幸子/山口かほり/関家麻紀子/吉田真紀/深澤千有紀/長谷政信(チーターダッシュボンバーショット)/工藤史子(チーターダッシュボンバーショット)/井本洋平/酒井啓全/立本恭子/喜安浩平
お問い合わせ (財)三鷹市芸術文化振興財団
0422-47-5122
ブルドッキングヘッドロック ホームページ
ブルドッキングヘッドロック制作部
070-5550-5659
三鷹市芸術文化センター ホームページ
その他
お問い合わせ
ブルドッキングヘッドロック制作部の受付時間は、12時から20時まで。

チケット発売日

2005年7月23日(土)

入場料金

一般前売2,500円/一般当日2,800円/高校生以下1,000円(全席指定・税込)

高校生以下は、入場時に学生証を拝見致します。

チケット発売窓口

三鷹市芸術文化センター 0422-47-5122
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:361-651
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2005年9月9日(金) 〜 9月11日(日)

2005年9月

4 5 6 7 8 9
  • 19:30
  •  
  •  
10
  • 14:00
  • 19:30
  •  
11
  • 14:00
  •  
  •  
12 13 14 15 16 17

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=1714

トラックバック一覧