文学座『カラムとセフィーの物語』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

文学座

文学座アトリエ60周年記念公演

『カラムとセフィーの物語』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

脚色を手掛けたドミニク・クック氏(英ロイヤルコート劇場芸術監督)がイギリスより来日! 
10月6日公演終了後、来日記念シンポジウム「芸術監督の仕事」開催
要予約(9月4日より予約開始)

公演データ

公演期間 2010年10月1日(金)〜10月14日(木)
会場 文学座アトリエ
〒160-0016 東京都新宿区信濃町10
PR・解説 文学座アトリエが落成して60年を迎える今年、文学座ではアトリエ60周年記念公演として《諍い》をテーマにした三作品を上演いたします。第2弾は現代版ロミオとジュリエットといわれる『カラムとセフィーの物語』。
原作小説「Noughts & Crosses」は2002年イギリス・チルドレンブック賞を受賞。
待望の日本初演!!
ストーリー 肌の色の黒いクロス人が支配し、肌の色の白いノート人が支配される地域。クロスとノートの間にはあらゆることで差別が生じていた。ここに1つの愛が生まれた。クロスの少女セフィーとノートの少年カラムの間に・・・。大きな障壁をこの愛は乗り越えられるだろうか。
1962年イングランド生まれの黒人女性作家の小説を戯曲化した話題作。
スタッフ 美術:乘峯雅寛  照明:中山奈美  音楽・演奏協力:芳垣安洋 高良久美子  音響効果:栗原亜衣  衣裳:宮本宣子  舞台監督:今村由香  制作:友谷達之  票券:鈴木美幸
キャスト 山本郁子、山崎美貴、鬼頭典子、添田園子、渋谷はるか、鈴木亜希子、下池沙知、千田美智子、大滝 寛、押切英希、沢田冬樹、鈴木弘秋、林田一高、亀田佳明、上川路啓志、柳橋朋典、藤側宏大、(楽器演奏)芳垣達之、高良久美子
お問い合わせ 文学座
0120-481034 / 03-3351-7265
info@bungakuza.com
文学座ホームページ

チケット発売日

2010年7月24日(土)

入場料金

一般4,000円/ユースチケット2,500円/三作品通し券10,500円(全席指定・税込)

ユースチケットは25歳以下、ご観劇日当日年齢を証明する書類をご提示ください。
※ユースチケット、三作品通し券は文学座のみ取り扱い

チケット発売窓口

文学座 0120-481034

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:404-636

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

当日券情報 4300円
開演の3時間前から専用電話回線にて申込受付
03-3353-3566

公演日程

2010年10月1日(金) 〜 10月14日(木)

上演時間 約2時間40分(休10分)

2010年10月

          1
  •  
  • 19:00
  •  
2
  • 14:00
  •  
  •  
3
  • 14:00
  •  
  •  
4
  •  
  • 19:00
  •  
5
  • 14:00
  • 19:00
  •  
6
  • 14:00◎
  •  
  •  
7
  • 14:00
  • 19:00
  •  
8
  •  
  • 19:00
  •  
9
  • 14:00
  • 19:00
  •  
10
  • 14:00★
  •  
  •  
11
  • 14:00
  •  
  •  
12
  •  
  • 19:00
  •  
13
  • 14:00
  • 19:00
  •  
14
  • 14:00
  •  
  •  
15 16
◎終演後、脚色を手掛けたドミニク・クック(ロイヤル)来日記念シンポジウム開催「芸術監督の仕事」
要申込1000円詳細はお問い合わせください。03-3351-7265文学座
★アフタートークあり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=17501

トラックバック一覧