BalletMechanics『L'ambroisie』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

BalletMechanics

『L'ambroisie』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年9月9日(金)〜9月11日(日)
会場 ザムザ阿佐谷
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-12-21 ラピュタビル B1F
PR・解説 バレエメカニクスは‘第三のキャストとしての音楽’と歌い語る身体を触媒とした実験室です。手の中の箱庭を裏返すと広がる宇宙では、響き渡る人声と律動が光さえも取り込んで、観測装置を見つめる観客のまなざしに返っていきます。
世界を満たすもの言わぬ何かが、人びとを集めては散らす。
あなたはそれを何と名付けますか。
ストーリー 0と1しか数字を持たず、歴史も固有名詞もない世界。透明な飛行船で旅を共にしている二人の青年。せいぜい二日間の記憶しか保持できない彼らは、自分達がどこへ向かい、なぜ旅しているのか思い出せない。水先案内は、ラジオから流れる音楽。
旅が長引くにつれ、彼らは自分達の覚えていられることが増え、経験したはずもない記憶が獲得されるのを発見する。ラジオの流行り歌が秘密を少しずつ提示していくように・・・
時空を流離う老物理学者、二十世紀最後のワールドカップ、給水塔、実体化した鏡像・・・錯綜するイメージ−歴史を記録しなくなった時、人は記憶を持たなくなり、名前を呼ぶことをやめた。記憶のゼロの地点を探して、失われた名前を求め、繰り返す夢に己の影を追いかける旅人たち・・彼女、或は彼らが時をとめた、その瞬間に何があったのか?
スタッフ 企画・脚本=後藤エリカ/原作=紫塔カイン/演出=加藤恒平/マイム指導=三谷和之/振付指導=木室陽一/舞台監督・美術=染谷樹(ソマリ工房)/衣装=竹内陽子/映像=楜沢順/プロデュース=猪川哲一朗 ほか
キャスト える/遠藤真里(BLUE LAKE)/小川友子/K・J/鈴木勝比古/鈴木千秋(劇団ふぁんハウス)/中尾レイ/みすき康人/美乃里(麦穂星☆スピカ)/森山太/山舗和広/西野博和(声のみ)
お問い合わせ バレエメカニクス
090-2908-0966
info@ballet-mechanics.com
バレエメカニクス
その他
お問い合わせ
FAX(020-4665-5857)

入場料金

自由席3,000円(全席自由・税込)

前売・当日共に3000円となります。

チケット発売窓口

バレエメカニクス 090-2908-0966
お名前・日時・枚数・連絡先をお知らせ下さい。

チケット販売サイトへ

バレエメカニクス チケット予約アドレス→ticket@ballet-mechanics.com
1.お名前2.連絡先(電話番号・アドレスなど連絡の取りやすい方で)3.観劇希望日時4.人数 以上をお知らせ下さい。折り返し連絡致します。
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:363-497

公演日程

2005年9月9日(金) 〜 9月11日(日)

上演時間 約2時間30分(途中休憩10分)

2005年9月

4 5 6 7 8 9
  • 19:00
  •  
  •  
10
  • 13:00
  • 18:00
  •  
11
  • 13:00
  • 18:00
  •  
12 13 14 15 16 17

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=1754

トラックバック一覧