ニセ劇団『笑う乳房を持つ女』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ニセ劇団

ニセ劇団 トリップ#3

『笑う乳房を持つ女』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年9月17日(土)〜9月25日(日)
会場 pamplemousse
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-12-12
PR・解説 ニセ劇団とは、シティボーイズミックスで作家をつとめる丸二祐亮と劇団四季出身秋山雅史の2人からなるコントユニット。
今回は、「真顔コント」の親族代表さんから嶋村太一と竹井亮介、「人間御破算」出演の野呂彰夫、双数姉妹の阿部宗孝、等を新たに迎えたチームだ。このチームの方向性は、これまで以上に、あほでシュールでくだらなくて野呂さんがどこでも屁をこく。屁をこいたくせに、上品に謝る。
このチームの悪いところをあえて挙げるならば、稽古場での無駄話がなかなか終わらない。野呂さんが、どこでも屁をこく。西田さんのチラシ写真のメイクがとても濃い。竹井亮介さんが海に行こうと人を強引に誘うくせに「おれ、そんなにでもないよ」と急に謙遜したり。西内君が酒を飲んで稽古に来ていることが発覚したり。
そんなニセ劇団ですが、9月に入ったら竹井さんの企画が通って一日だけ「江ノ島」で稽古をすることになりました。どうなんだ「江ノ島」もう海の季節ではないぞ「江ノ島」そして、本当に稽古をするのか「江ノ島」で。どうか「江ノ島」一色の舞台にならないように気をつけるばかりなのである。それはそれでたのしそうなのだが。みなさん、お楽しみに!
スタッフ 作・演出=丸二祐亮/舞台監督=飯室由美子/演出助手=岡部俊一・渡邉恵理子(劇団森)/照明=安斎里美(Fantasista?ish.)/音響=和田匡史/美術=神里雄大(岡崎藝術座)/衣装=伊藤梨絵(コブラ会)/小道具=秋山霧香/映像=保戸田浩史
キャスト 秋山雅史(ニセ劇団)/嶋村太一(親族代表)/竹井亮介(親族代表)/野呂彰夫/阿部宗孝(双数姉妹)/西田夏奈子/鈴木燦/岡本陽介(0−PET)/西内崇/丸二祐亮(ニセ劇団)
お問い合わせ 株式会社 アッシュ・アンド・ディ・コーポレーション
03-5456-8130
ニセ劇団

チケット発売日

2005年7月下旬

入場料金

前売2,500円/当日2,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:363-443

公演日程

2005年9月17日(土) 〜 9月25日(日)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=1776

トラックバック一覧