総合劇集団俳優館/後藤好子ひとり芝居実行委員会・杉並『後藤好子ひとり芝居「須磨子という名の正子〜女優・松井須磨子の光と影〜」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

総合劇集団俳優館/後藤好子ひとり芝居実行委員会・杉並

平成22年度(第65回)文化庁芸術祭参加公演

『後藤好子ひとり芝居「須磨子という名の正子〜女優・松井須磨子の光と影〜」』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年11月10日(水)
会場 座・高円寺
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2
PR・解説 後藤好子の歌う「カチューシャの唄」が、この秋、東京杉並の(座・高円寺)に流れます。彼女主演の一人芝居『須磨子という名の正子〜女優・松井須磨子の光と影〜』待望の東京公演です。
 『須磨子という名の正子』は、2004年名古屋で初演され、好評に応えて2009年岐阜でも上演されました。かねてから東京での上演を期待する声がありましたが、このたび、芸術祭参加で、〈座・高円寺〉での上演が実現したものです。
 副題に「松井須磨子の光と影」とあるように、大正時代、一世を風靡した女優・松井須磨子をめぐる男たちとの人間模様を、須磨子にあこがれて押しかけ女中になった正子(須磨子の本名と同じ・架空の人物)の目を通して描いた作品で、後藤好子がその正子に扮して、八面六臂の活躍をします。
 彼女の熱演によって、描かれているのは女中の正子なのに、見ているうちに女優の正子=須磨子を見ているように錯覚する、不思議な作品に仕上がっています。
 自ら〈松井須磨子の生まれかわり〉と自負(?豪語?)している後藤好子の冒険を、応援していただきたいと思います。
ストーリー 大正時代、カチューシャの唄ともに、一世を風靡し、絶大な人気を誇った女優・松井須磨子。「新しい女性像」として女性達の憧れの的でもあった須磨子であるが、大正8年1月自らの人生に幕を下ろした。そんな須磨子の生きざまと彼女を取り巻く人間達を、住み込み女中・正子(須磨子に憧れ、須磨子の故郷、信州は松代から上京した須磨子の本名と同じ名を持つ架空の人物)の目を通して描くひとり芝居。気のいい女中の噂話を聞きながら、観客は知らない間に芝居の中に取り込まれていき、大きな感涙を得ることでしょう。須磨子が、人間が愛しく思えてくる作品です。
スタッフ 作・演出・舞台美術 ふじたあさや  衣裳 中矢恵子  照明 福井孝子  音響 堀場智宏  舞台監督 ワタナベカズミ  演出助手 中田裕子  小道具 工藤真  宣伝美術 内藤彰子  製作 森 
キャスト 出演 後藤好子
お問い合わせ 総合劇集団俳優館
052-203-8721
ttm-mr@ss.iij4u.or.jp

チケット発売日

2010年9月6日(月)

入場料金

一般前売3,000円/一般当日3,500円/学生前売2,000円/学生当日2,500円(全席自由・税込)

日時指定

チケット発売窓口

総合劇集団俳優館 052-203-8721

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:407-040
チケットぴあ ・セブンイレブン・サークルK・サンクスの各店舗
ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-004 Lコード:31597
ローソン全店
カンフェティ

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2010年11月10日(水)

上演時間 1時間10分

2010年11月

7 8 9 10
  • 13:30
  • 19:00
  •  
11 12 13

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=17927

トラックバック一覧