Pカンパニー『別役実vs竹本穣PART2』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Pカンパニー

Pカンパニー第5回公演

『別役実vs竹本穣PART2』〜「不思議の国のアリス」より〜

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年11月17日(水)〜11月28日(日)
会場 西池袋・スタジオP
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-17-11-1F
PR・解説 ルイス・キャロルの名作童話「不思議の国のアリス」から生まれた2作品の日替わり公演。客席50席の小さな空間が、摩訶不思議な森の中へと誘う。ベツヤクワールドとタケモトワールドに広がるフジョウリ?ナンセンス!ファンタジー?コメディ!の競演!?
ストーリー Aプログラム『《不思議の国のアリスの》帽子屋さんのお茶の会 』
森の中、テーブルといくつかの椅子。お茶の会の主催者である帽子屋とチシャ猫と三月兎は準備に大わらわ。そこに道に迷ったらしい男。男は次から次へとやってくるアリス、通訳、侯爵夫人、眠りねずみ、市長、魔法使いたちとともに、お茶の会に参加するうち、どうやら自分の行き先は、このお茶の会であるらしいことがわかってきた。男は、東の国の進んだ「文化」を伝えるためにやってきたのだと告げる。果たして「文化」は森に暮らす人々に伝わったのだろうか・・・。

Bプログラム 『どうしてそんなにのろいのか〜アリスのための変奏曲〜』
サナトリウム裏の森の中にやってくる老女と娘。老女の昔語りから生まれた、時限爆弾を背負ったカメはいったいどこへ行こうというのか・・・。ふたりの話を発端に、ルイス・キャロルの分身たちとアリスの交流が繰り広げられる。夢の入れ子のように、いく層にも重ねられた挿話や入れ替わる役によって創造される『不思議の国』の「空間」。そこには「時」の儚さが見え隠れし、やがて・・・。
スタッフ 演出=A 小笠原響・B 冨士川正美
美術=松岡泉 衣裳=友好まり子 音楽=A 上田亨・B 日高哲英
照明=石島奈津子 音響=木内拓 宣伝美術=松吉太郎 イラスト=林賢五
協力=別役実 小山田昭 企画・制作=Pカンパニー
キャスト 出演=A=原知佐子・上杉陽一・永井誠・内田龍磨・長谷川敦央・須藤沙耶 B=本田次布・林次樹・一川靖司・宮川知久・木村万里・菊池章友・千葉綾乃・吉岡健二・木村愛子・茜部真弓・横幕和美
お問い合わせ Pカンパニー
03-6808-5306
p.company@nifty.com
Pカンパニーホームページ

チケット発売日

2010年9月6日(月)

入場料金

当日・前売り共3,800円/学生割引2,800円/ABセット券7,000円(全席自由・税込)

日時指定 全50席  

チケット発売窓口

Pカンパニー 03-6808-5306
電話予約は平日10:00〜18:00

チケット販売サイトへ

カンフェティ 0120-240-540
電話予約は平日10:00〜18:00

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より会場受付にて販売

公演日程

2010年11月17日(水) 〜 11月28日(日)

2010年11月

14 15 16 17
  •  
  •  
  • 19:30A
18
  •  
  •  
  • 19:30B
19
  •  
  •  
  • 19:30A
20
  • 13:30A
  • 16:30B
  •  
21
  • 13:30B
  • 16:30B
  •  
22
  •  
  •  
  • 19:30B
23
  • 13:30B
  • 16:30B
  •  
24
  •  
  • 16:30A
  • 19:30B
25
  •  
  •  
  • 19:30A
26
  • 13:30B
  • 16:30A
  •  
27
  • 13:30B
  • 16:30A
  •  
28
  • 13:30A
  •  
  •  
29 30        
A=Aプログラム『≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会』
B=Bプログラム『どうしてそんなにのろいのか〜アリスのための変奏曲〜』

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=18024

トラックバック一覧