劇団 犯罪友の会『あやつむぎ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団 犯罪友の会

犯友 秋の野外劇 大阪公演

『あやつむぎ』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年10月14日(木)〜10月19日(火)
会場 難波之宮跡公園 犯友野外特設劇場
〒540-0006 大阪府大阪市中央区法円坂1丁目
PR・解説  金城左岸 2009年度 関西現代演劇俳優賞・男優賞受賞

 芸術文化振興基金 平成22年度文化庁芸術祭参加公演
ストーリー 口上

 今がどのような時代なのか?
ただ漠然とした平安が世の中に漂っている百歳以上の方が
  二百名も行方不明だなんて猟奇的ですよ
  何処に行かれたというのでしょうか?
長寿世界一の裏側はグロテスクな人間の欲と非情さが見えます
世の中全体が老人達に冷淡で冷酷な風潮なのです。

 昭和三十年初頭 作家の深沢七郎が描いた小説「楢山節考」で
江戸時代の農民が貧しい村の掟で老いた母親を山に捨てに行く物語で
母と息子の愛情と非情な現実を描いた作品を思い出しました。

 しかし、現代の豊かな社会で、それも都会の真ん中で
見捨てられた老人達が町をさまよった果てに行き倒れて
 身元不明者とはあまりにも悲しい

 このコンクリートの街全体が「ウバ捨て山」だったとは…

平和な時代にご老人が生きる場がないなんて
 豊かさがまやかしだとしか思えない
問題の根はあまりにも深そうで誰も解決できないだろうが…
さて、この老人達、ひとりひとりの青春はいかなる時代だったのか?

 そのひとりひとりの味わい深い人生の破片でも
描いてみたいと古き昔の男と女の恋の手順を描いてみました

 人と人の心の通し方は、今とは少し違っていました

     ロマンスがシンプルなのでしょう
     大阪の下町の 男と女の恋物語

     さて、ロマンスのゆくへは?
スタッフ  作・演出 武田 一度

★ 月の裏方衆

 ・ 舞台監督 玉置 稔 ・ 照明 山中 考彦 加納川 崇晃 ・ 音響 遠藤 裕子

 ・ 特殊効果 岡田 正夫  ・ 楽曲提供 松尾 泰伸  

 ・ 舞台美術 上羽真実 渡邊 奈緒美 岡藤 真衣 中道 裕巳 北林 渚 上木 成未 勝浦 大典 等
 

 
キャスト ■ 花の役者衆
 中田彩葉 川本三吉 あたたらさよなら 小野正樹 玉置稔 風太郎
 小室恵 疫蝿以蔵 山岡祐太 井上俊和 椿弓里奈 青木春奈
 くいっちゃん かよ 怪人バース サンペー 渡辺奈緒美
お問い合わせ 劇団 犯罪友の会 武田
06-6448-0567 / 090-9057-1938
ichidonooyaski@docomo.ne.jp
※ 劇団・運営などに対するお問い合わせ
小野
090-5248-6430
onoma2010@yahoo.co.jp
チケットに関するお問い合わせ

入場料金

3,000円(全席自由・税込)

※ 前売 3000円 当日 3300円

チケット発売窓口

劇団 犯罪友の会 制作 090-5248-6430

公演日程

2010年10月14日(木) 〜 10月19日(火)

2010年10月

10 11 12 13 14
  • 19:30◎
  •  
  •  
15
  • 19:30◎
  •  
  •  
16
  • 19:30◎
  •  
  •  
17
  • 19:30◎
  •  
  •  
18
  • 19:30◎
  •  
  •  
19
  • 19:30◎
  •  
  •  
20 21 22 23

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=18025

トラックバック一覧