大川興業『OTOなOTO』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

大川興業

大川興業第35回本公演

『OTOなOTO』〜暗闇演劇第4ステージ 見えない芝居 音と気配の芝居〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年11月20日(土)〜11月21日(日)
会場 愛知県芸術劇場
〒461-8525 愛知県名古屋市東区東桜一丁目13番2号 
PR・解説 昨年東京で上演しまして、ご好評をいただきました作品を改訂し、更にパワーアップしたものをお届けします。名古屋では、初上演となります。大川興業の暗闇演劇も今年で8年目となりますが、暗闇の中でやりたいことは、まだまだ尽きず、更に新しい暗闇の笑いを追求していきます。

是非一度“暗闇演劇”をご体験ください。

大川興業は暗闇の中に笑いと感動の光を放ちます。
ストーリー 「マンダラのマリア」

廃鉱となった総距離1000kmある坑道で、ライトもつけずに真っ暗闇を延々と歩くのが、密かなブームとなった。キッカケは自ら命を絶とうとした若者が、死に場所を求め、さまよい、意識を失う瞬間に体に内なる光を一瞬感じた。ユングやフロイトのような頭の中の深層心理ではなく、深層心身を体で感じた光だった。
今まで頭で考えていた罪深き悩みがすっと消えた。

物理に詳しかった若者はハッと気がついた。1000メートルの深さまで岩石の中を潜っているので、光も音も、電波、電磁波、イオンも届かない、体内はもちろん地球をも通過するニュートリノが体内の水と衝突し、光ったのではないかと考えた。
太陽や超新星から届くと言われるニュートリノは、まれに水の電子とぶつかり、光を放つ。
超地底で宇宙の謎がわかるというように悩みの謎がとけた。
地上でいつも自分がいろんな粒子とぶつかり、知らない間に自分は輝いているのではないかとまで考えるようになった。

それが口コミで広がり、多くの悩める若者が吸い込まれるかのように、入道し、新しい自分を見つけ出しに行くようになった。暗闇お遍路、暗闇巡礼と言われ、その廃鉱はいつしか「マンダラのマリア」と呼ばれるようになった。その中から自然と、“黒密教”“ブラックチャーチ”という2組の存在が現れ、皆が救いを求めた。
2組とも特定の場所にいるわけではなく、あたかもニュートリノにぶつかるがごとく、移動型で出会いを大切にした。

今日も多くの悩める若者が、マンダラのマリアの胎内に入り、群像劇が始まる。
         
前回の公演の再演と言うより、進化した「OTOなOTO」。闇の中の偶然なる光がテーマなので、暗闇演劇が初めてでも安心して楽しめる作りになっている。是非観に来てくれ。
情報洪水の中を通り抜け、ニュートリノのようにお客さんと出会って、笑いの光を放ちたい。

作・演出  大川 豊

チケット発売日

2010年10月3日(日)

公演日程

2010年11月20日(土) 〜 11月21日(日)

2010年11月

14 15 16 17 18 19 20
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
21
  • 13:00
  •  
  • 18:00☆
22 23 24 25 26 27

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=18193

トラックバック一覧