劇団CHAN'T『かぎりなくやわらかに』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団CHAN'T

劇団CHAN'T第17回公演

『かぎりなくやわらかに』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年11月13日(土)〜11月14日(日)
会場 pit北/区域
〒114-0002 東京都北区王子1-13-18
PR・解説 「プールプールプール」から2年。
お待たせしました、劇団CHAN'Tの新作です。
生きるヒントに、ここでしか観られないモノを、生み出します。
ぜひ、劇場でお会いしましょう。
ストーリー それはたぶん、「わたしが生きる」ということ

私は、そのとき泣いていました。それは、私がこの世に生を受けた瞬間。
羊水から飛び出した私は大きく息を吸い、母の愛を感じようと懸命に泣いていました。
無事に生まれた安心感と、抜け出した解放感。そして放たれた不安感。
真っ白い部屋で、知らない手に抱かれながら、私はその風景を見つめていました。

私は、そのとき笑っていました。
それは、目の前で人が叫んだ瞬間。
私は、そのとき呆然としていました。
それは、目の前の人が別れを告げた瞬間。
私は、そのとき気付いていませんでした。
それは、目の前の人の背中を押した瞬間。
そして私は、このとき、ただ見つめています。

最終章は迷宮のような地下にある小さな映画館で上映される見知らぬ映画。
スクリーンに映し出された「モノガタリ」は生きて、生きたおはなし。

そのことに気付いた時に、もうひとりの私は病院のベッドにいます。
そして私は、何をするわけでもなく、これまで生きた証を、ただ見つめているのです。 観終わった最後に、スクリーンに写されるものは間違えなく、 本当の私。

ところで、本当の私。誰か知りませんか?
スタッフ 【作・演出】佐藤武

【照明】新里 麻紗美
【音響】宮島 靖夫
【製作】石岡 伸晴
【制作】百武 勝 成田 健二 宮島 麻衣 平松 李恵 劇団CHAN’T
【舞台美術】チロル
【振付】M.Funachu
【イラスト】西脇 理恵
キャスト 井原二三惠、米田匡史、相樂里菜、黒滝真祐、高橋綾香、HAJIME、柴崎愛、粟谷茂、緋野飛鳥、武野内康寛、山口真喜子、引地直樹、渡辺崇生、伊織夏生(劇団MAHOROBA+α)、佐藤武
お問い合わせ 劇団CHAN'T
かぎりなくやわらかに 特設サイト
【mail】chant.web01[at]gmail.com

※迷惑メール防止のため、送信される際は大変お手数ですが
“[at]”の部分を“@”に置き換えてご送信ください
劇団CHAN'T
劇団CHAN'T

チケット発売日

2010年9月13日(月)

入場料金

前売2,000円/ジーンズシート(前売のみ、要予約)1,000円/当日2,200円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団CHAN'T

チケット販売サイトへ

公演日程

2010年11月13日(土) 〜 11月14日(日)

上演時間 約1時間30分を予定

2010年11月

7 8 9 10 11 12 13
  • 14:00
  • 19:00
  •  
14
  • 13:00
  • 18:00
  •  
15 16 17 18 19 20
※開場は開演の30分前です
※全席自由

◇えっ!?アキバで予告編も!?詳細はこちら!
http://chantspecial.web.fc2.com/kagirinaku/Tryangle/index.html

【twitter】
◇稽古場から、電車から、王将から!?
 色んなとこから劇団員がつぶやきなう!
http://twitter.com/gekidan_CHANT

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=18260

トラックバック一覧