東久留米市立生涯学習センター/演劇集団 円『金田明夫の絵本ひとり語り あらしのよるに』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

東久留米市立生涯学習センター/演劇集団 円

『金田明夫の絵本ひとり語り あらしのよるに』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年11月28日(日)
会場 東久留米市立生涯学習センター
〒203-0054 東京都東久留米市中央町2-6-23
PR・解説  円では1994年に講談社出版文化賞絵本賞・産経児童出版文化賞JR賞を受賞したこの絵本をいち早く舞台化。1997年に円こどもステージで上演しました。その時にヤギのメイを演じたのが金田明夫です。オオカミのガブを演じた関貴昭と共に大好評でした。絵本ひとり語りと銘打った今回の公演は、いわゆる朗読劇といささか違って絵本落語といった雰囲気で、あべ弘士さんの絵と小森昭宏さんの音楽が支えます。ヤギのメイ役はもちろんオオカミのガブも情景を表すト書きも金田が一人で演じます。テレビドラマに登場する時とは一味違うフル回転の金田明夫をお楽しみ頂ける筈です。まっ暗なあらしのよるにお互いがわからないままにすっかり意気投合したヤギとオオカミ。
現実にはありえない友情を軸に、本当の友達とは? 生きるとは?絵本なのに大人の心にも強く響くテーマです。金田明夫のトークをまじえこのシリーズ全7刊のすべてを聴いて頂こうと考えています。どうぞご期待下さい。
ストーリー  ある嵐の夜、仲間とはぐれたヤギのメイは、山小屋で雨風をしのいでいた。するとそこへ、同じように嵐から逃れてきた“仲間”が現れる。姿も匂いもわからない中、夜通し語り合い意気投合した2匹は「あらしのよるに」を合い言葉に再会を約束して別れる。 翌日、待ち合わせの場所に現れたのは、なんとメイたちの天敵であるオオカミのガブだった!!喰うもの(オオカミ)と喰われるもの(ヤギ)の関係を超えて2匹は“ひみつの友達”になるが…。
スタッフ 構成・演出:小森美巳
作:きむらゆういち
絵:あべ弘士
音楽:小森昭宏
照明:皿田圭介
音響:斉藤美佐男
舞台監督:田中伸幸
制作:演劇集団 円
キャスト 出演:金田明夫
お問い合わせ 東久留米市立生涯学習センター
042-473-7811
info@higashikurume-lll.jp
東久留米市立生涯学習センター

チケット発売日

2010年9月23日(木・祝)

入場料金

一般3,000円/中学生以下2,000円(全席自由・税込)

3歳以下のおこさまのご入場はお断りしております。託児サービス(有料)をご利用ください。

チケット発売窓口

東久留米市立生涯学習センター 042-473-7811
受付時間:10時−19時 休館日(第4月曜日)を除く。

チケット販売サイトへ

JTBエンタメチケット 0570-030311
インターネットでのお申込みには事前の登録が必要です。

チケット販売サイトへ

当日券情報 当日9時以降劇場にて販売

公演日程

2010年11月28日(日)

2010年11月

28
  • 15:00
  •  
  •  
29 30        

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=18268

トラックバック一覧