IQ5000『スモール・マインド』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

IQ5000

『スモール・マインド』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年11月11日(木)〜11月14日(日)
会場 笹塚ファクトリー
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-56-7 京王笹塚ビル地下2階
ストーリー 僕、石英コウは1年間も記憶を失っていた!
1年振りに職場に戻ると、後輩の山川ソウタはチャイミン国で死亡、編集長の田花キキさんは失踪。
ワックスマガジン社の雑誌「マンスリー・ミライ」は廃刊になっていたんだ!
編集長田花さんの手紙には、「絶対にこの事件に巻き込まれてはいけない」と書かれてあった。
同僚たちの力を借りて、この状況を把握しようと決意したそのとき、チャイミン国のジパ大使館護衛をしていた幼なじみ、青池マナブが僕の部屋に飛び込んできた!
「チャイミン国からずっと監視されている、助けてほしい」と。
すでに事件に巻き込まれている僕、石英コウは、マナブが手に入れた詩の書いてある手紙を持って、田花さんが潜んでいる奥飛騨へ向かうことにした。

そのころ、チャイミン国からたった1匹でジパ国に流れついた犬がいた。

チャイミン国国民党党首補佐ドン・チェンキムに飼われていた犬、名前はボス。ボスを追いかけるチャイミン国の犬たちの群れ。その群れからボスを救い出したのは、ジパ国では絶滅したとされるオオカミの血をひくギンという犬だった。2匹も、チャイミン国の犬に追われながら奥飛騨へ向かう。いったい奥飛騨に何があるのだろうか?

奥飛騨を舞台に、ジパ国最大手の新聞社、十月十日新聞社会部 VS 弱小雑誌出版社ワックスマガジン社「マンスリー・ミライ」
チャイミン国の犬たちと、手を組んだ忍犬たち VS ボスとギン
そして、石英コウ VS 恐怖心とか依存心とかそんなん

IQ5000でしか見ることのできない最も危険で濃厚な『RUN AWAY OFF』シリーズ第3弾がとうとう幕を開く!
スタッフ 舞台監督] 土居歩
[照明] 島田康和(S.P.C)
[音響] 齋藤瑠美子
[衣装] 井形紗代子
[パンフレットデザイン] 佐野功治(VAG asobeeno)
[制作] オフィスIQ5000
[協力] 株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー、  シアターリパブリック、  S.P.C、  VAG asobeeno
[企画・製作] オフィスIQ5000
キャスト 朝田博之、アフリカン寺越、五十嵐聡子、大友美香子、久保田寛子、坂本泰久、佐治彩子、鈴木ナオ、ドン・タクヤ、べっち。、本渡綾佳、マット前転、渡部愛、腹筋善之介
お問い合わせ オフィスIQ5000
090-4223-8854
info@iq5000.com
IQ5000 WEB
その他
お問い合わせ
★チケットプレゼント★この公演のチケットを、抽選で10組20名様にプレゼントいたします!!【5ステージ全ての回、各2組4名様】※チケットプレゼントのご応募はIQ5000を初めてご覧になる方に限らせていただきます。・件名を『(サイト名)チケットプレゼント』として、・本文に『お名前(ふりがな)・ご希望の日時・人数(1名または2名)・ご連絡先(メールアドレス)』をご記入の上、メールにてご応募ください宛先はこちら info@iq5000.com ●締め切り 11月7日(日)まで

入場料金

3,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

オフィスIQ5000 090-4223-8854
http://www.iq5000.com

チケット販売サイトへ

公演日程

2010年11月11日(木) 〜 11月14日(日)

2010年11月

7 8 9 10 11
  • 19:00
  •  
  •  
12
  • 19:00
  •  
  •  
13
  • 14:00
  • 19:00
  •  
14
  • 14:00
  •  
  •  
15 16 17 18 19 20

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=18274

トラックバック一覧