笑撃武踊団『歌麿』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

笑撃武踊団

『歌麿』絵師三部作〜第二部〜

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年10月2日(土)〜10月3日(日)
会場 大阪市立芸術創造館
〒535-0003  大阪府大阪市旭区中宮1-11-14
PR・解説 時代劇を大胆に変革し続ける笑撃武踊団と、Vivienne Westwoodの日本で唯一のライセンスデザイナーとしてハリウッドでも活躍中のデザイナー Hiromine氏がガッツリコラボレーション! 衣装総額はまさかの500万円!!
こいつは舞台でも、ファッションショーでもねぇ!
さぁ、退屈な人生を、極彩色に染め上げろ!
ストーリー そいつは、とびっきり特別な女だった。

欲望の町 吉原に暮らす女達。
この町を根城とし、己の生きる場とした絵師 喜多川歌麿
その歌麿の才を使い、周囲の人間を踏み台にする蔦屋重三郎
蔦屋の元で自身の想いとは別の生き様を強いられる喜右衛門
蔦屋の指図により女達を仕事に使う女衒の佐治
佐治が受けたのは『美しい』物に目が無い歌麿の自信を砕く事だった…
次々と変転する悪意と愛。  そして事件は起こる…

『紙と筆さえありゃあ、それでいい』
 −喜多川 歌麿−
スタッフ 衣装:Hiromine japan/OTOME 照明:後藤綾平(自在本舗) 音楽/音響:佐藤武紀 イラスト:だるま商店
フォト:ワタナベカメラ 振付:Licaco 殺陣:藤澤アニキ 舞台美術:絵青 デザイン:我龍点晴
キャスト 笑撃武踊団
お問い合わせ 笑撃武踊団
06-6955-1251
笑撃武踊団オフィシャルサイト

入場料金

前売り3,500円/当日4,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

笑撃武踊団 06-6955-1251

チケット販売サイトへ

当日券情報 (9月27日現在)

公演日程

2010年10月2日(土) 〜 10月3日(日)

2010年10月

          1 2
  • 19:30
  •  
  •  
3
  • 14:00
  • 19:30
  •  
4 5 6 7 8 9

受付開始は開演の1時間前
開場は開演の30分前

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=18363

トラックバック一覧