2NKプロジェクト『ウィリアム・シェイクスピア「じゃじゃ馬馴らし」&ジョン・フレッチャー「じゃじゃ馬馴らしが馴らされて」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

2NKプロジェクト

シアターX(カイ)提携公演

『ウィリアム・シェイクスピア「じゃじゃ馬馴らし」&ジョン・フレッチャー「じゃじゃ馬馴らしが馴らされて」』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

日本初の同時上演!

公演データ

公演期間 2005年10月20日(木)〜10月23日(日)
会場 シアターΧ
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
PR・解説 シェイクスピアとフレッチャーの合作でありシェイクスピア最後の戯曲でもある『二人のいとこの貴公子』(The Two Noble Kinsmen)を日本で初めてシェイクスピアが演じられた横浜・ゲーテ座跡に建つ山手ゲーテ座にて2003年に日本語で初演、2004年にシアターX(カイ)にて再演を行った2NKプロジェクトが、シェイクスピア原作『じゃじゃ馬馴らし』(The Taming of the Shrew)とフレッチャー原作の続編『じゃじゃ馬馴らしが馴らされて』(The Tamer Tamed)を日本初の同時上演!
ストーリー 『じゃじゃ馬馴らし』:イタリアの資産家の娘たち―おしとやかで従順な妹のビアンカには沢山の求婚者がいるというのに、姉のカタリーナは手に負えないじゃじゃ馬娘。困り果てた父親は、カタリーナが片付くまではビアンカも嫁には出さないと宣言。そこに現れたのが、金持ちの娘なら「じゃじゃ馬」を妻にしても構わないと豪語するペトルーチオという男。ビアンカの求婚者たちに頼まれたペトルーチオは早速、手荒で奇想天外なじゃじゃ馬馴らしを開始します・・・。『じゃじゃ馬馴らしが馴らされて』:ペトルーチオとの結婚後間もなく、哀れなことにカタリーナは死んでしまいます。ペトルーチオは後妻を探してロンドンに進出、金持ちの「従順な」娘マライアに目をつけます。しかしペトルーチオに馴らされてしまっては大変と、マライアは初夜に寝室に立て籠もり、父親から金持ちの年寄りとの結婚を強要される妹のリビアと手を組んで、ビカンカまでをも味方につけて、男たちに宣戦布告します・・・。
スタッフ 翻訳=佐藤里恵/演出=佐藤里恵/舞台美術=島津栄介/舞台美術=佐藤里恵/照明=増子顕一/音響=朝枝有/舞台監督=島津栄介 ほか
キャスト 水口てつ/岡村美雪/前田真里/中山研/太田佳伸/滝藤賢一/近田英紀/友松タケホ/町田沙織/内田慎二/吉田聡/奥住昌敏/岩城博/志賀正人/三沢一世/水野孝志/福山秀子
お問い合わせ オフィス樹
03-5337-8368
2NKプロジェクトwebsite

チケット発売日

2005年8月24日(水)

入場料金

じゃじゃ馬馴らし3,000円/じゃじゃ馬馴らしが馴らされて3,000円/2作品セット券5,500円(全席自由・税込)

2作品セット券(00)は前売りのみ。

チケット発売窓口

2NKプロジェクト 03-5337-8368
チケット販売窓口:オフィス樹(電話/ファックス)03-5337-8368(平日11:00-17:00)

公演日程

2005年10月20日(木) 〜 10月23日(日)

上演時間 各作品とも約3時間の予定

2005年10月

16 17 18 19 20
  • 18:00○
  •  
  •  
21
  • 18:00☆
  •  
  •  
22
  • 12:00○
  • 17:00☆
  •  
23
  • 12:00○
  • 16:30☆
  •  
24 25 26 27 28 29
○「じゃじゃ馬馴らし」上演(開演時間)
☆「じゃじゃ馬馴らしが馴らされて」上演(開演時間)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=1854

トラックバック一覧