東京演劇集団風『ハムレット ― to be or not to be』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

東京演劇集団風

『ハムレット ― to be or not to be』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年12月22日(水)〜12月23日(木・祝)
会場 レパートリーシアターKAZE
〒164-0003 東京都東京都中野区東中野1−2−4
PR・解説 ❖ 時代、国境、年代を超えて―風の『ハムレット』
東京演劇集団風の芸術監督 浅野佳成がモルドバ共和国ウジェーヌ・イヨネスコ劇場の芸術監督ペトル・ヴトカレウに「経済優先主義の風潮の中で喘いでいる“若さ”に焦点を当て、若者たちにとって、よりアクチュアリティのある『ハムレット』を」と提案し、2004年、風の拠点劇場レパートリーシアターKAZEで初演を迎えました。
その後『ハムレット』は、レパートリーシアターKAZEでの公演を積み重ね、2007年に青少年を対象とした巡回公演を行い、2010年も西日本・九州地域で巡回公演を行い、その凱旋公演となります。
ストーリー 偉大な国王であった父の突然の死、その喪も開けぬ間の母と叔父との結婚、それを受け入れる社会。父の死は叔父による暗殺だと知ったハムレットは、大人たちの争いや裏切り、権力への迎合を目の当たりにし、復讐を決意し、狂気を装う。
しかし恋人オフィーリアの父を誤って殺してしまい、オフィーリアは発狂して自殺する。
愛する者たちを次々に失い孤独の淵に立つハムレットは、自分自身に、そして社会に対して問いかける。「To be or not to be(このままでいいのか、いけないのか)」と。
スタッフ 作:ウィリアム・シェイクスピア 訳:小田島雄志
芸術監督:浅野佳成
演出:ペトル・ヴトカレウ/浅野佳成
舞台美術・衣裳:ステラ・ヴェレブチェアヌ 音楽:マリアン・スタルチェア
照明:塚本悟 
キャスト 佐野準/柳瀬太一/柴崎美納/坂牧明/栗山友彦
車宗洸/稲葉礼恵/白根有子/田中悟/田中賢一
佐藤勇太/白石圭司/清水菜穂子
お問い合わせ 東京演劇集団風
03-3363-3261
info@kaze-net.org
東京演劇集団風

チケット発売日

2010年10月1日(金)

入場料金

前売3,800円/当日4,000円/学生3,300円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

東京演劇集団風 03-3363-3261

チケット販売サイトへ

公演日程

2010年12月22日(水) 〜 12月23日(木・祝)

2010年12月

19 20 21 22
  • 19:00
  •  
  •  
23
  • 14:00
  •  
  •  
24 25

助成:文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業)
   EU・ジャパンフェスト日本委員会

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=18666

トラックバック一覧