工藤丈輝/東京戯園館『荒漠器(こうばっき)A Vessel of Ruins』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

工藤丈輝/東京戯園館

「かくも人間的な廃墟。」

『荒漠器(こうばっき)A Vessel of Ruins』『業曝』より三年ぶりなる新作は「極北の舞踏家」の血でしたためる心の廃墟論

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年11月18日(木)〜11月21日(日)
会場 SPACE 雑遊
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-8-8 新宿O・Tビル B1F
PR・解説 このたび舞踏家工藤丈輝の三年ぶりなる新作を急遽、発表いたす運びとなりました。
知人の紹介により新宿三丁目の「雑遊」なる新たな小屋を見知り、手狭ながらも好立地のこれからの歴史を予感させるような地下空間です。
作品は『荒漠器』と名づけられ、デビュー時からの一貫した心象でもある、廃墟にたたずむ人物の盛衰を描きます。これまで海外巡業の多かった工藤ですが、少年時より親しく過ごした新宿の地でうかがえます荒々しくも優美な舞姿を、是非ご覧いただけますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

工藤丈輝プロフィール 
1967年、東京生まれ。慶應義塾大学仏文科卒。在学中より舞台活動を始めるが、舞踏との出会い
が針路を決定づける。渡米し玉野黄市に師事。和栗由紀夫作品に出演ののち、'92年よりソロ活動開
始。'95~'98年、山海塾に参加。元藤アキ(火偏に華の字です)子主宰のアスベスト館では開館から封
印まで舞踏手のみならず振付まで手がける。近年はソロを主軸に世界各所で持続的に公演、ワーク
ショップを行っている。'05年、『開眼草』にて舞踊批評家協会賞を受賞。
http://www.kudo.taketeru.com/
ストーリー 遠く何千キロを歩いてきた男がたどり着いたのは架空のメトロポリス『跡』。半壊した建造物、物
みなは焼けただれ、灰、灰、灰、……。彼は力なく佇む。
 「…私は、…何故か硬いものを欲していたものであり…」(T.H.氏)
 
 やがて別種の生きものが蠢きだす。
 足萎えは鋼を打ち、畸形は縄もてあそぶ、病める花はケムリ(火偏に因、送り仮
名『り』です)をまき散らす。
 虚空に発せられるコトバは、コトバさえ、ありし日の完成形をもたず朽ち傾いている。
 (人類よ、あなたの言うことがどんな他者のもとにとどいているのか?)
 行方を失う男。……
スタッフ 舞台監督=高橋和之、照明=田中信行、(音響=未定です)、音楽=曽我傑、
衣装=飯塚昌代、制作=原田和加子、広報=玉木康晃、長野由利子、
写真=康欣和、宣伝美術=緒方徹、協力=元藤がら、長井公彦、J.Anderson、他
キャスト 工藤丈輝
お問い合わせ 東京戯園館
03-3416-3170 / 090-7458-1041
tokyoguienkan@gmail.com
工藤丈輝オフィシャルサイト
スペース雑遊
090-8846-5379
スペース雑遊

チケット発売日

2010年10月17日(日)

入場料金

前売り2,500円/当日3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

東京戯園館  03-3416-3170
tokyoguienkan@gmail.com

チケット販売サイトへ

公演日程

2010年11月18日(木) 〜 11月21日(日)

2010年11月

14 15 16 17 18
  •  
  •  
  •  
  • 19:30
19
  •  
  •  
  •  
  • 19:30
20
  •  
  •  
  •  
  • 19:30
21
  •  
  •  
  •  
  • 18:30
22 23 24 25 26 27

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=18668

トラックバック一覧