激団リジョロ『パレード』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

激団リジョロ

激団リジョロ 第15回公演 

『パレード』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年12月22日(水)〜12月27日(月)
会場 シアターシャイン
〒166-0004 東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-15-15
PR・解説 #12「クラウドエンド」、#13「ROMEO」とシアターシャイン演劇奨励賞・優秀作品賞を連続受賞、新宿タイニィアリスで上演された#14「ブルッシー」でも絶賛を浴び、要注目団体へと登りつめるハードコア団体・激団リジョロが初の再演に選んだのは東京旗揚げ作品の「パレード」。
東京旗揚げ時に上演された#4「パレード」は、社会に馴染めない青年が唯一信頼出来る少女と、家族との絆を繋ぎ、出会った人々が手を取り合い、それぞれの人生に向けて「誇りを胸に」再出発する群像劇であったが、当時のメンバーが「旗揚げ」の覚悟を示す舞台でもあった。
当時のリジョロは”ハードコア”と言う基軸も無く、#4「パレード」は言わば会話劇を基本とした現代劇であったが、そのストレートな演劇は現在のリジョロにも脈々と受け継がれている。
一つ言えるのは”原点回帰”から”更なる進化”へ。
連続満員を記録した舞台が、最多キャスト&ゲストを迎え・・・満を持しての上演決定!
これは「誇りと覚悟」の挑戦作なのである。
ストーリー 2011年1月、北海道函館市。
世間から離れ、2人でひっそりと暮らすアニとプチ。
彼らはある日、家族や友人を自宅へと招待する。集まったのは身内を始め、知らず知らずの内に交差した様々な人々。
2人はそこである企画を提案する。それは壁一面に描く巨大なアート。人々を繋ぐ意味を持った大きな絵画を皆で描こうと言う壮大な提案であった。
順風にいくかと思われた計画であったが、運命が人々の前に大きく立ちはだかる。
スタッフ 演出/脚本:JIN  舞台監督/美術:加藤浩士  大道具/小道具:激団野郎Aチーム  照明:ライトスタッフ  音響:び〜ば〜★笑平、長谷川淳
ヘアメイク:kassy  スタイリスト:岡村里美  衣装:藤村サキ  スチール:佑木瞬  映像:オフィス写真部  デザイン:こんどうひろこ、佑木瞬
宣伝:平野勝裕、鈴木桜花  WEB:び〜ば〜★笑平  イラスト:こんどうひろこ  制作:激団リジョロ
キャスト テキサス平野 ・ こんどうひろこ ・ コージ ・ 鈴木桜花
前田圭一 ・ 東浩輝 ・ 鈴木カンナ ・ 山田佳奈 ・ なんばあい ・ 武田直人 ・ 神津友紀
ジュリー吉野
劇団とりとんくん(日替わりゲスト)
お問い合わせ 激団リジョロ
080-6598-0056
gekidan.rigolo@gmail.com
激団リジョロ公式HP

チケット発売日

2010年11月8日(月)

入場料金

前売り2,500円/当日3,000円/カップル割(2名)4,000円/学割(大学・専門学生まで) 1,800円(全席指定・税込)

※学割は学生証の提示をお願いします。

チケット発売窓口

激団リジョロ 080-6598-0056
WEB&電話予約 2010.11/8(月)〜12/17(金) 
■□特製チケット&グッズプレゼントあり□■

◆お問い合わせ◆ MAIL:gekidan.rigolo@gmail.com (佑木)

チケット販売サイトへ

公演日程

2010年12月22日(水) 〜 12月27日(月)

2010年12月

19 20 21 22
  • 14:00
  •  
  •  
23
  • 14:00
  • 19:00
  •  
24
  • 14:00
  •  
  •  
25
  • 14:00
  • 19:00
  •  
26
  • 14:00
  • 19:00
  •  
27
  • 14:00
  •  
  •  
28 29 30 31  
※開場は開演の30分前
※開演15分前よりTENGA↑MANによるヒーロー前説ショーあり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=18746

トラックバック一覧