フーズ・カンパニー『ワレラワラルー』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

フーズ・カンパニー

F's Company PRESENTS

『ワレラワラルー』アナタの曖昧が、ワタシの曖昧を確実にした

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年1月15日(土)〜1月16日(日)
会場 チトセピアホール
〒852-8135 長崎県長崎市千歳町5-1チトセピアビル2F
PR・解説 ウチには色んな人が来る
みんな似てる顔だけど
やっぱりどこか違ってて
たぶんワタシもそんな風に見えてるんだろうなぁ

珍しそうな目で見て
優しそうな言葉をかけてくれるけど
すぐにいなくなるってことは知ってる

親とか兄弟とか友達とか
分からなくなるくらい
ワタシの存在は曖昧だ
ストーリー 子どもの頃、動物園に行った経験があるはずなのに、なぜかその記憶が僕には無く、代わりにあるのは兄貴が祖母に連れられてパンダを見に行ったという話。それだけはなんとなく今でも覚えていて、ついでに買ってもらっていた超合金ロボットと一緒に、すごく羨ましいという曖昧な記憶として残っていました。だからなのか大人になって、妙に動物園に行きたくて行きたくて仕方なかった。大人の目で見た動物は「カワイイ」とかそんなものではなく、命の強さや大きさ、生きるということを全身で感じさせてくれる存在でした。どんなに小さくても、そこにあるのは確かな命。そんな存在の中で今回注目したのが『ワラルー』です。カンガルーより小さく、ワラビーより大きい『ワラルー』。大きさで分類されるその存在が、ちっぽけなことで区別される今の僕らに似ているんじゃないか?そう考えると愛しいと思うこの感覚は曖昧な記憶や存在とは裏腹に、確かな感触として感じられる。その感触を味わってみて下さい。
スタッフ 音楽:柴田健一(Sonicborn Music)
照明:友永 貴久 【(合)ステージ・クラフト JOIN】 音響:フーズ・カンパニー音響部
小道具:岡本匡史 衣装:蒔田尚美 宣伝美術:RAWWORKS 制作:松本恵・岡田彩・飯島亮子
キャスト 松本恵/飯島亮子/田中俊亮/岡本匡史/末永都/山口裕嗣
お問い合わせ フーズ・カンパニー事務局
095-848-9391 / 080-6417-4946
seisaku@fs-company.com
フーズ・カンパニー

チケット発売日

2010年11月15日(月)

入場料金

前売一般2,000円/大学生以下1,500円(全席自由・税込)

※当日は500円アップ
※開場は開演の30分前
※上演途中は入場いただけない場合がございます。お早めのご来場をお願い致します。
※未就学児の入場はお断りさせていただいております
※チケット払い戻しは出来ませんので予めご了承ください

チケット発売窓口

フーズ・カンパニー 080-6417-4946
ticket@fs-company.comにてメール予約受付中

チケット販売サイトへ

CoRichチケット!

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:407-878
浜屋プレイガイド 095-818-2230
くさの書店(西友道ノ尾店) 095-857-2560
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2011年1月15日(土) 〜 1月16日(日)

2011年1月

9 10 11 12 13 14 15
  • 19:00
  •  
  •  
16
  • 14:00
  •  
  •  
17 18 19 20 21 22

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=18769

トラックバック一覧