劇団民藝『十二月』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団民藝

劇団民藝60周年

『十二月』―下宿屋「四丁目ハウス」―

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年12月3日(金)〜12月20日(月)
会場 三越劇場
〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店本館6F
PR・解説 舞台は大恐慌とファシズムの足音に揺れる昭和初頭。学生街本郷の素人下宿「四丁目ハウス」に展開する人間模様をあたたかい眼差しで描きだしてゆきます。作者の小山祐士氏は、『泰山木の木の下で』『瀬戸内海の子供ら』など民藝を代表する演目で知られる劇作家。本作は小山氏の処女作にあたります。民藝での初演は1982年、宇野重吉の演出により三越劇場ほか全国各地で上演しました。喜びや哀しみ、いつの世にも変わらない人間の営みが、現代社会への深く静かな問いを発します。
ストーリー 九城間弓は、昭和五、六年の大恐慌により、機械会社の要職を辞して妻の扶可子とともに上京、本郷で学生相手の下宿屋「四丁目ハウス」をはじめました。ところが、エリート官僚の弟が財閥令嬢との縁談をまとめるために兄夫婦に下宿屋の廃業を迫ります。加えて大学は出たけれど職のない扶可子の弟・道樹や下宿屋に出入りする朽木夫人、女中がひそかに思いを寄せる恋模様と、移り行く季節の中に生きる人びとは、十二月を迎えようとしているのでした……。
スタッフ 装置=勝野英雄/照明=尾藤俊治/衣裳=貝沼正一
効果=岩田直行/舞台監督=中島裕一郎
キャスト 奈良岡朋子 樫山文枝 日色ともゑ
有安多佳子 河野しずか 大越弥生
梅野泰靖 小杉勇二 竹内照夫
伊東理昭 塩田泰久 平松敬綱
お問い合わせ 劇団民藝
044-987-7711
seisaku@gekidanmingei.co.jp
劇団民藝ホームページ

チケット発売日

2010年11月1日(月)

入場料金

一般6,300円/学生4,200円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

劇団民藝 044-987-7711

チケット販売サイトへ

三越劇場 0120-03-9354

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:407-121
e+(イープラス)
eplus.jp
当日券情報 各日開演の1時間前より劇場窓口にて販売。

公演日程

2010年12月3日(金) 〜 12月20日(月)

上演時間 約2時間20分(休25分)

2010年12月

      1 2 3
  •  
  • 18:15
  •  
4
  • 13:30◎
  •  
  •  
5
  • 13:30
  •  
  •  
6
  • 13:30
  •  
  •  
7
  • 13:30
  •  
  •  
8
  • 13:30
  •  
  •  
9
  • 13:30
  •  
  •  
10
  • 13:30
  •  
  •  
11
  • 13:30◎
  •  
  •  
12
  • 13:30◎
  •  
  •  
13
  • 13:30
  •  
  •  
14
  • 13:30
  •  
  •  
15
  •  
  • 18:15
  •  
16
  • 13:30
  •  
  •  
17
  • 13:30
  •  
  •  
18
  • 13:30◎
  •  
  •  
19
  • 13:30◎
  •  
  •  
20
  • 13:30
  •  
  •  
21 22 23 24 25
◎土・日に限り無料託児がご利用いただけます(要予約)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=18890

トラックバック一覧