カプセル兵団『セイバーブルー』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

カプセル兵団

カプセル兵団10周年公演

『セイバーブルー』〜機械仕掛けの心をもつ、人ならざる者たち〜

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年12月9日(木)〜12月12日(日)
会場 王子小劇場
〒114-0002 東京都北区王子1-14-4
PR・解説 巨大戦車による攻撃!ネット内を飛び交う意識。
壮大な空中チェイス。想像力の限界をぶち破る圧巻のスーパーエンターテイメント!
激しく笑えて激しくカッコイイ!カプセル兵団が挑む全く新しい新感覚劇場限定エンターテイメント!
演劇の新たな幕開けをその目で見、身体で感じろ!!
ストーリー 人間が体を機械化し、全世界をネットが覆う進化
と荒廃が進んだはるか未来。
火星の軍事基地より4体の最新型軍事用アンドロ
イド「セイバー」が地球へと脱走した。
警察の特殊機動部隊のサイボーグがそれを追う。
様々な人間と出会いながら、アンドロイドが目指す
目的とは?
機械の体に脳を積んだアンドロイド(人造人間)と、
体を機械化し脳だけ生身のサイボーグ(改造人間)
が出会うとき、そこに「人間」は存在しうるのか!
人間の存在、生き方を問う文学的哲学性の強い作品
を、痛快なアクションと膨大なギャグで美しくカッコイ
イエンターテイメント作品として贈るカプセル兵団のサ
イバーパンク演劇!!
スタッフ 脚本・演出:吉久直志  舞台監督:笹浦暢大(うなぎ計画) 照明:藤田典子 
音響:田島誠司(Sound Gimick) サンプラー操作:千田剛士(シアターキューブリック)
音楽:滝澤俊輔 振付:森澤碧音(DanceCompanyMKDC) ヘアメイク:加々美百合 
アクション指導:吉久直志 衣装:周晴奈 デザイン:西野若造 小道具:高間慎一朗
制作補助:市川優樹
制作:山下那津子 
キャスト 吉久直志、周晴奈、青木清四郎、熊手竜久馬、桑鶴麻紀子、高間慎一朗、齋藤憲道、瀬谷和弘,川合一嘉
ゲスト
岩田栄慶(キャスタッフ)、北出浩二(teamSPITFIRE)、石神まゆみ
パフォーマー
鈴木顕太郎(神楽創社)、吉田峰之(劇団鴉霞)、鈴木紀進、菊池紗織、和久田真妃、
浅田愛(バレエスタジオAile)、丹呉麻里江

チケット発売日

2010年10月31日(日)

入場料金

前売り・当日共3,500円(全席指定・税込)

金曜夜のみ平日マチネ料金3000円

チケット発売窓口

カプセル兵団 03-3391-5626
http://www.kapselheidan.com/yokoku-1.html

チケット販売サイトへ

カプセル兵団 0120-240-540
電話予約 (受付時間10:00〜18:00)
・払込票番号を予約時にお伝えしますのでメモをご用意ください。
・お電話でのご予約の場合、会員登録は不要です。※カンフェティポイントは付きません。
・予約有効期間内に、払込票番号をお近くのセブンイレブンのレジまでお持ちください。

チケット販売サイトへ

公演日程

2010年12月9日(木) 〜 12月12日(日)

2010年12月

5 6 7 8 9
  • 19:30
  •  
  •  
10
  • 14:00☆
  • 19:30
  •  
11
  • 14:00
  • 19:30
  •  
12
  • 13:00
  • 18:00★
  •  
13 14 15 16 17 18
☆金曜日の昼は、平日マチネ料金3000円
★日曜日の夜は、開演前に「おまけコーナー」があります。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=18966

トラックバック一覧