空間再生事業 劇団GIGA『漂着』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

空間再生事業 劇団GIGA

空間再生事業劇団GIGA15周年企画 祝祭劇―境界をこえる旅―

『漂着』大阪公演・精華演劇祭2010 AUTUMN/WINTER 参加作品

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

京都の田辺剛氏書き下ろし作品『漂着』☆残るは、大阪・福岡公演のみ!!

公演データ

公演期間 2010年12月10日(金)〜12月11日(土)
会場 精華小劇場
〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波3-2-4
PR・解説 (アトリエ劇研ディレクター/劇作家/演出家 田辺剛 より)

空間再生事業 劇団GIGA(以下、GIGA)の公演ではないけれど、山田恵理香さんの演出で2009年3月に京都でも上演された『なにもしない冬』は衝撃だった。かつてのアングラというと語弊があるかもしれない。関西にお住まいの方なら『闇光る』以前の「遊劇体」の舞台を連想したと言えば少しは通じるだろうか。それは MONOっぽい上演を期待した観客が途中で帰ってしまうほどで、わたしは始め呆然としてそれからはまったくの釘付け状態だった。確かに一般に言われるような土田戯曲の面白さに焦点は当てられていなかったが、戯曲が持つ本質を山田さんなりの仕方で射抜かれていると感じた。そう、山田さんはテキストの本質を嗅ぎ取るという演出家としての素質、その嗅覚を確かに持ちかつ独特な仕方で表現できる人なのだと、アトリエ劇研にどこかを呼ぶなら山田恵理香さんの作品だとそのときにわたしはもう決めていたのだった。

そして彼女が所属するGIGAは彼女の演出をもっとも純度が高く実現できるメンバーで構成されている。昨秋、福岡で観たサルトルの『蝿』はGIGAの本公演。歓楽街・中洲を背景にした野外劇で、劇の舞台となるアルゴスの町は人々の情念と欲望が渦巻くところだが、それがハードロック?の生演奏も加えた演出で見事に中洲の街に重ね合わされたのだった。さて、今回GIGAが上演する作品『漂着』は、今回の演劇祭に参加してもらうにあたってわたしが書き下ろした新作だ。わたしは山田さんとGIGAのメンバーによる上演に耐えうる、強いテキストを書こうとそのことに腐心した。彼らのエネルギーに打ち負かされることのないように。もはやこれは、わたしのテキストとGIGAとのまぎれもない戦いだと思っている。その勝負の行く末をぜひご覧いただきたい。
ストーリー 知らない時代の、遠い世界の話。
 
村でもかつて噂になったことがある。海岸沿いにポツンと建つその家は、街から来た資産家の別荘なのだと。引退するほどの年でもないのに一人そこに住み、浜に流れ着いた壜を拾っては家に持ち帰る。なんのためかは分からない。あるとき村人が声をかけたが、無愛想な返事があるだけでそれ以上の話にはならなかったという。そういうことだから資産家と村人たちとの交流は無く、また別の噂が広まる頃にはその家のことも忘れられていった。

それは近くにある国境のことだ。最近また警備兵が増やされるとかで、村人たちを不安にさせている。国境付近でなにが起きているのかこれもはっきりしたことが分からない。ただ、穏やかではない空気が漂い始めているのを誰もが感じていた。
 
冬になると荒れる海だが今はまだ波も静かだ。けれども確かに夏は終わりを告げ、季節は変わろうとしていた。
スタッフ 作:田辺剛
演出:山田恵理香
舞台監督:糸山義則(ステージクルーネットワーク)
美術:嵐男
音楽:吉川達也
照明:永井辰弥(ステージクルーネットワーク)
音響:岩切秀樹(九州舞台)
衣裳:佐藤美憂奇(MUSES)
メイク:宮原清美
小道具:佐藤まい
宣伝美術: mis@o
チラシ絵: 山下耕平
制作:空間再生事業 劇団GIGA・高橋知美
協力:NPO法人大阪現代舞台芸術協会・NPO法人京都舞台芸術協会・シバイエンジン
主催:精華小劇場活用実行委員会・精華演劇祭実行委員会・空間再生事業 劇団GIGA
キャスト 猛者真澄
五味伸之
長岡暢陵(最新旧型機 クロックアップ・サイリックス)
お問い合わせ 空間再生事業 劇団GIGA
080-3999-5858
mail@spacegiga.com
空間再生事業 劇団GIGA Webサイト

チケット発売日

2010年10月25日(月)

入場料金

一般前売2,500円/一般当日3,000円/学生前売2,000円/学生当日2,500円(全席自由・税込)

※日時指定・全席自由
※学生チケットは受付にて要学生証提示

チケット発売窓口

空間再生事業 劇団GIGA チケット予約 080-3999-5858
http://spacegiga.com/
Eメール予約:mail@spacegiga.com

チケット販売サイトへ

精華小劇場 チケット予約 06-6643-7692
電話受付時間11:00〜18:00

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-005 Lコード:58084

チケット販売サイトへ

公演日程

2010年12月10日(金) 〜 12月11日(土)

2010年12月

5 6 7 8 9 10
  • 19:30※
  •  
  •  
11
  • 14:00
  • 19:30
  •  
※ポストパフォーマンストークあり
ゲスト:田辺剛(下鴨車窓・アトリエ劇研ディレクター)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=19045

トラックバック一覧