SKY SOART ψ WINGS『桜の園の裏の園』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

SKY SOART ψ WINGS

シアターΧ提携公演 第11回公演

『桜の園の裏の園』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

領地の競売に揺れ……ない(?)「桜の園」三組の恋愛模様を描いて、原作の喜劇性を引き出した、チェーホフも納得の「桜の園」。
笑って、キュンときて、ジーンとくるラブストーリー。

公演データ

公演期間 2011年1月18日(火)〜1月20日(木)
会場 シアターΧ
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
PR・解説  チェーホフの不朽の名作「桜の園」は、チェーホフ自身が「これは喜劇。ファルスといってもいい」というように、ファルスに近い滑稽な喜劇です。
 しかし、昔は貴族の没落を描いた悲しい人間ドラマとして見られ、日本においては未だに喜劇として成立した「桜の園」を知りません。チェーホフの面白さを知っている人は、まだ少ないのかもしれません。
  この作品は、はっきりいって、最初から最後まで面白いのです。
  至る所にチェーホフは笑いの種を撒いているし、出てくる登場人物は郵便局の役員や駅長といった端役以外はすべて滑稽に描かれています。
 まず、この「面白さ」を知ってもらいたいものです。

  そしてこの面白さは大いに登場人物たちのキャラクター性にあります。「桜の園の裏の園」は、若き登場人物たちの恋愛模様を中心に描いてあります(原作通りです)。 ガーエフやラネーフスカヤは登場しないため、桜の園の競売の話は物語の焦点にありません。ただの背景です。
  これによって観客はより貴族の没落に同情しなくなり、「桜の園」のキャラクターの面白さが浮かび上がります。

 「桜の園の裏の園」は、原作「桜の園」の裏を描いた作品です。
  多くの人が見逃しがちな脇役たちにスポットを当てた作品です。
  そして、チェーホフが意図した「喜劇性」を、「恋愛」というテーマにそって抽出させた作品になります。

〜「桜の園の裏の園」の見どころ〜
その1:シアターΧの迫り舞台を利用した、客席二方向から観る舞台。
その2:毎回違う演技、いつも新しく、いつもクリエイティブ。
その3:舞台美術担当は、造形芸術に関わるアーティスト、Morriと戸井田雄。
その4:VANZ ENTERTAINMENTより若き女優の卵二人を起用
その5:「桜の園」の本質を理解し、喜劇性を引き出した「裏の園」
その6:天性のエピホードフ? Mrエピホードフ廣井憲
その7:ロパーヒン=チェーホフ?
その8:全く違うテンポ・リズム
その9:原作の直後である「第五幕」のエンディングをお楽しみに
その10:チェーホフの霊魂が「桜の園」を書き直したら?
ストーリー 「桜の園の裏の園」で、中心的に展開されるのは、三つの恋愛模様です。これは、もちろん原作中で展開されている恋愛です。「桜の園」は、恋愛ものの喜劇でもあるのです。このことも実はあまり気づかれていません。

  <三つの恋愛模様>
  1.ロパーヒン&ワーリャ 大人のすれ違いと意地っ張りで現実的な愛
  2.トロフィーモフ&アーニャ 若き夢想的な愛
  3.エピホードフ&ドゥニャーシャ&ヤーシャ&郵便局員 若き表層的な愛と憧れと戯れ

アントン・チェーホフ至高の名作「桜の園」
しかし、チェーホフの意図通りに上演されることはなかった
「桜の園」の喜劇性の欠如
喜劇性の真髄を
チェーホフが本当に意図したキャラクターたちの姿を
本当の「桜の園」が浮かび上がる
SKY SOART ψ WINGS第11回公演
「桜の園の裏の園」

チェーホフの誕生日1/17に劇場入り。翌日1/18に初日を迎えます。
スタッフ 原作:アントン・チェーホフ
作・演出:別役慎司
照明:榊原大輔
美術:Morri/戸井田雄 
音響:零's Record
舞台監督:林大介(零's Record)
キャスト ロパーヒン……別役慎司
ワーリャ……水地優子
エピホードフ……廣井憲
トロフィーモフ……井上健一
アーニャ……八日市紋子
ヤーシャ……松永隼
シャルロッタ……千代田貴子(サラエンターテイメント)
ドゥニャーシャ……加治みなみ、小湊由貴(ともにVANZ ENTERTAINMENT)
郵便局員……梶健太
お問い合わせ SKY SOART ψ WINGS(すかいそあーとうぃんぐす)
office@ascendfeather.com
SKY SOART ψ WINGS
STONEψWINGSアクティングスクール
http://www.stone-wings.com/actingschool/

チケット発売日

2011年11月上旬

入場料金

前売3,000円/当日3,200円(全席自由・税込)

席数は最大200ですが、演出の都合上席数を制限し、劇空間を緊密にすることがございます。
客席は二方向にあります。手前側と奥側があり、視界に制限はありませんが、観る角度が異なりますので、二度観られる場合は是非別の角度からご覧ください。

チケット発売窓口

SKY SOART ψ WINGS 03-5689-0075
【団体割引】
10名以上……一枚2500円

チケット販売サイトへ

カンフェティ(Confetti) 0120-240-540
電話の場合は平日10-18時

チケット販売サイトへ

カンフェティ(Confetti)【携帯から】 0120-240-540
電話の場合は平日10-18時

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より販売
割引情報 【団体割引】
10名以上……一枚2500円

公演日程

2011年1月18日(火) 〜 1月20日(木)

上演時間 約90分

2011年1月

16 17 18
  • 19:30☆
  •  
  •  
19
  • 14:00★
  • 19:30☆
  •  
20
  • 14:00☆
  • 19:00★
  •  
21 22
ドゥニャーシャ役はダブルキャストです
☆小湊由貴
★加治みなみ

世界最前線の俳優訓練の先駆であり、アーティスティックでクリエイティブな質の高い舞台創造を実現する劇団
『SKY SOART ψ WINGS(スカイソアートウィングス)』

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=19081

トラックバック一覧