劇団室生春カンパニー『シラノ・ド・ベルジュラック』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団室生春カンパニー

劇団室生春カンパニー第67回本公演

『シラノ・ド・ベルジュラック』〜永遠なる愛の詩〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2010年12月17日(金)〜12月19日(日)
会場 新宿シアターモリエール
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-33-10モリエールビル2F
PR・解説 「昭和メルヘンミュージカル」と呼ばれて久しい私の物語世界ですが、今冬の公演も昨年の『アンナ・カレーニナ』や『ジャン・ヴァルジャン』同様、その範疇には入らない代物。我ながら、そのアイデンティティの無い浮気性の上演ぶりにただただ呆れるほどです。あらためて、多岐に渡るジャンルの演劇を上演している劇団ということで、どうかご確認くださいませ。
言いたい、伝えたい・・・。でも言わない。胸のなかに滾る熱い思いは、決して愛しのロクサーヌに伝わることなくその繊細にして激しい生き様をまっとうする男、シラノ・ド・ベルジュラック。
凡そ10年ぶりの新宿、「モリエール」での公演は、フランス一番人気の物語と相成ります。正にあの喜劇作家モリエールと同時代に生きた鬼才のロマンティスト「シラノ」の生き様を重厚、哀切な音楽と共に蘇らせます。
前回の2週間に亘る小劇場公演と打って変わって、僅か3日間の第67回本公演。エドモン・ロスタンの傑作を縮約、脚色しての古典劇を匂わせた正に「正統ミュージカル」と呼ばせて頂きたい次第です。
劇団員総力をあげての中世ロマン劇、歌あり踊りあり、大スペクタクルありの見応えたっぷりの舞台、どうぞ皆様お誘い合わせの上、お越しくださいますよう。
スタッフ □舞台監督:東幸四郎、江口浩樹
□証明:樟山憲一
□音響:木村知恵
□編曲:三浦秀秋
□演奏:風の森オーケストラ
□制作美術:eiko、モリタノブヒコ
□衣装:志村有紀
□制作:佐藤萌、劇団室生春カンパニー
キャスト 風斗海健
田村好美
武田一成
村井純子
高橋奈緒美
須川朝美
五亮甘太
梅本和紀
斎藤秀俊
伊藤衣里
新垣龍一
栗城勇佑
北野菜々恵
岩崎由季(研究生)
水野玉絵(研究生)
松本佳穂里(研究生)
阿部孝行(研究生)
有賀卓馬(研究生)
山ノ井悠貴(研究生)
渡部拓也(研究生)



室生春
お問い合わせ 劇団室生春カンパニー
03-3389-2645
murousyuncompany@yahoo.co.jp
劇団室生春カンパニー・オフィシャルWEBサイト

入場料金

前売り3,200円/当日3,500円/学生(高・大・専)2,700円(全席自由・税込)

※学生割引をご利用の方は受付にて学生証を提示してください。

チケット発売窓口

劇団室生春カンパニー 03-3389-2645

チケット販売サイトへ

公演日程

2010年12月17日(金) 〜 12月19日(日)

上演時間 約2時間

2010年12月

12 13 14 15 16 17
  •  
  • 19:00
  •  
18
  • 14:00
  • 19:00
  •  
19
  • 13:00
  • 17:30
  •  
20 21 22 23 24 25
※会場は、開演の30分前です。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=19132

トラックバック一覧