ちりゅう芸術創造協会『まちおこしオペレッタ 愛・かきつばた姫』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ちりゅう芸術創造協会

平成22年度優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業/知立市制40周年記念事業・知立市文化会館開館10周年記念事業

『まちおこしオペレッタ 愛・かきつばた姫』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2011年2月20日(日)
会場 パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)
〒472-0026 愛知県知立市上重原町間瀬口116番地
PR・解説 「からころも きつつになれにし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞおもう」の和歌は、三河・八橋(知立市)で在原業平が詠んだものとして大変有名です。地元に伝わる業平と、かきつばた姫の恋物語を題材に、現代人が忘れかけた純粋な「こころ」を、オペレッタで表現し、開館10周年記念事業の集大成として上演します。

かきつばた姫の一途な思いをご当地の文化財「文楽人形」と国記録選択無形文化財・結城座の「糸からくり人形」で表現、平成17年度に当館が立ち上げたパティオ池鯉鮒アーティストと会館講座から生れた「パティオ・シアター合唱団」の選抜メンバーが音楽演奏を担当します。
ストーリー 結ばれるはずの二人の恋、どこかでかけちがいました。

初夏、学生は東下りの旅を続けていた。
とある沢辺に差しかかる、伊勢物語のゆかり地「三河の国 八橋」。
かきつばたの花が今を盛りと咲いている。
学生は眠ったまま一夜の夢を見る。
スタッフ 作・演出:木村 繁
音楽監督・作曲:くりもとようこ
糸あやつり人形監修:十二代目 結城孫三郎
文楽人形指導:五世 豊松清十郎

文楽人形振付:工藤鍵道
舞台美術:水谷雄司
糸あやつり人形・小道具作成:江戸糸あやつり人形「結城座」
文楽人形作成:齋藤 徹
文楽人形・オブジェデザイン:福永朝子
合唱指導:長谷順次

衣裳:木場絵理香
照明:坂下孝則
音響:愛知県舞台運営事業協同組合
舞台設営:愛知県舞台運営事業協同組合
舞台監督:近藤朋文

制作協力:江戸糸あやつり人形「結城座」
キャスト ■江戸糸あやつり人形「結城座」
学生・在原業平:結城千恵
父君・乞食僧:結城育子

■ソリスト
女・かきつばた姫:大須賀園枝(ソプラノ)
在原業平:荒川裕介(テノール)
父君・乞食僧:末吉利行(バリトン)

■知立山車文楽保存会「中新町人形連」
女・かきつばた姫:(主)小嶋徳雄 (左)清水昌也 (足)藤井秀晴

■石川雅美モダンダンススタジオ
手島めぐみ/伊藤麻子/江坂莉奈/神谷幸余/平松李香

■演奏
稲垣誓子(ヴァイオリン・パティオ登録アーティスト)
伊藤直子(フルート)
石田正(オーボエ)
青谷良明(ファゴット)
近藤幹夫(打楽器・パティオ登録アーティスト)

■パティオ・シアター合唱団
ソプラノ:旭由紀子/河上由加里/小嶋ひろみ/野々山淑子/野村真澄/安江真知子
アルト:児玉百合子/後藤明美/佐藤菜小江/西澤よし江/野村愛子/安永康子
テノール:礒田桂司/徳永太明/野々山勝彦/水野勝良
バス:岩本伸夫/寺田義幸/姫野和浩/守屋祐司
お問い合わせ ちりゅう芸術創造協会
0566-83-8100

チケット発売日

2010年11月27日(土)

入場料金

パティオしーと会員1,800円/一般2,000円(全席指定・税込)

※未就学児の入場はご遠慮ください。
※車椅子でお越しのお客様は事前にお問合せください。

チケット発売窓口

パティオ池鯉鮒アートセンター 0566-83-8100

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:408-429

チケット販売サイトへ

公演日程

2011年2月20日(日)

2011年2月

20
  • 13:30
  • 17:30
  •  
21 22 23 24 25 26

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=19137

トラックバック一覧