演劇倶楽部『座』『詠み芝居「五重塔」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇倶楽部『座』

演劇倶楽部『座』第26回公演

『詠み芝居「五重塔」』この塔は誰が建てたことになるのか

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

実力は伯仲している二人の宮大工。一人は才覚に優れ人望厚く「頭領」と立てられ、一人は「のっそり」と蔑まれる世間智に乏しい男。頭領が請け負う筈の五重塔建立の仕事にこののっそりが名乗りを挙げた。「人間の価値」を鋭く問う幸田露伴の傑作を詠み芝居に。

公演データ

公演期間 2011年1月13日(木)〜1月18日(火)
会場 恵比寿・エコー劇場
〒150-0011 東京都渋谷区東3-18-3
PR・解説 『詠み芝居』は、いわゆる「朗読劇」ではありません。名作小説の「地の文」を語り手が語り、呼応して俳優が「登場人物」を演じ、小説を立体的に舞台に立ちあげてゆく、いわばト書き付きの芝居です。我が国には中世より三味線を伴奏とした語り物の芸「浄瑠璃」がありました。やがて、浄瑠璃は人形と結合して人形芝居(文楽など)になり、歌舞伎とも結合して太夫の浄瑠璃に合せて人間(役者)が演ずるようになりました(浄瑠璃芝居=丸本物)。私共の『詠み芝居』は、いわば「現代の浄瑠璃芝居」といってよいでしょう。名作小説の原文を脚色せずそのままに、生演奏と舞踊を加えて、作品世界をより活々と鮮やかにご覧にいれます。
演劇倶楽部『座』主宰『壤晴彦』プロフィール
狂言大蔵流、茂山千作師に師事。後に「劇団四季」正劇団員。退団後、フリーの俳優・演出家として活躍。蜷川幸雄演出「近代能楽集・卒塔婆小町」「テンペスト」に主演。「ロッキーホラーショー」「オイディプス王」「タイタス・アンドロニカス」「ひばり」他に出演。1994年RSCプロデュース「ペールギュント」には唯一の東洋人として参加。「蜘蛛の巣」ミュージカル「スサノオ」「ざ・ちぇんじ」オペラ「遠い帆」フジテレビ共同主催「朗読Legendシリーズ」他を演出。1992年、日本の伝統を学ぶ学習塾・演劇研究室『座』を設立。後に演劇倶楽部『座』として改称し、伝統とモダニズムの融合を図る「詠み芝居」というスタイルを確立、今日に至る。声優としても「ライオンキング(スカー役)」「バグズライフ(ホッパー役)」「アナスタシア(ラスプーチン役)」「パイレーツオブカリビアン(バルボッサ役)」等出演多数。NHK朝の連続テレビ小説や大河ドラマの演技コーチも務める。文化学院講師。日本朗読文化協会顧問。
ストーリー 技量は抜群だが、世渡りが下手でいつも不遇な「のっそり十兵衛」という大工が主人公。あるとき江戸・谷中の感応寺に五重塔を建立することになり、十兵衛の親方・源太が仕事を引き受ける。十兵衛は自分の名を残す好機と考え、「ぜひ私の手で」と住職に懇願する。源太は二人で協同してやろうと申し出るが、十兵衛は拒否、源太が辞退したのを受け、独力で仕事を始める。十兵衛の忘恩を憎んだ源太の弟子たちに襲われて片耳を失うが、それでも仕事を休まない。そして、五重塔は立派に完成するが・・・。
スタッフ 構成・演出:壤晴彦/振付:林千永/音楽:杵屋勝芳寿/美術:大田創/照明:塚本悟・望月太介(A.S.G)/音響:寺田泰人(SCアライアンス)/舞台監督:加藤事務所/衣裳:山口徹(東宝コスチューム)/宣伝美術:久末冴子/企画制作:演劇倶楽部『座』
キャスト 壤晴彦/内山森彦(コスモプロジェクト)/高山春夫/蒔村三枝子/森一馬/高野力哉/溝上伊都子/相沢まどか/五十野睦子/佐藤光生/秦和子/忌部祥/田中カヲル/大坂優/冨田美恵子/武藤淳子/望月邦秋/岩本由/栗原香代子/山口彰子/葛山悠太/神田純平/樗澤賢一/石松啓太/河内公子/演奏:杵屋勝芳寿(三味線)
お問い合わせ 演劇倶楽部『座』
03-6431-0377
info@za01.com
演劇倶楽部『座』公式HP
公式ブログ:http://club-za.cocolog-nifty.com/blog/

チケット発売日

2011年11月5日(土)

入場料金

前売5,000円/学生3,500円/当日5,500円(全席指定・税込)

学生チケットは演劇倶楽部『座』での取扱のみ。

チケット発売窓口

演劇倶楽部『座』 03-6431-0377

チケット販売サイトへ

カンフェティ 0120-240-540
≪WEB予約の注意事項≫・ご予約前に、観劇ポータルサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。・セブン-イレブンへの発券手数料がかかります。≪電話予約の注意事項≫・お電話でのご予約の場合、会員登録は不要です。

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売
*15日16時、16日は完売

公演日程

2011年1月13日(木) 〜 1月18日(火)

上演時間 約2時間20分(休15分)

2011年1月

9 10 11 12 13
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
14
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
15
  • 12:00
  •  
  • 16:00
16
  • 13:00
  •  
  •  
17
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
18
  •  
  • 14:00
  •  
19 20 21 22

平成22年度文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=19142

トラックバック一覧