パラドックス定数『大正八年 永田町』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

パラドックス定数

パラドックス定数 第九項

『大正八年 永田町』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年11月9日(水)〜11月13日(日)
会場 王子小劇場
〒114-0002 東京都北区王子1-14-4
PR・解説 国会議事堂の建設と地下鉄の敷設。大正八年に始まった二つの事業は人間の思惑を越えて疾走する。策略が交錯する永田町。この場所で静かに男達は牙を剥く――――

作・演出 野木萌葱
出演 植村宏司、十枝大介、杉田健治、西原誠吾、舞場壊人、井内勇希、千葉伸吾、大塚秀記、小野ゆたか

1982年に起きた羽田沖日航機墜落事故を題材にした二人芝居「5seconds」で2004年佐藤佐吉祭脚本賞を受賞した野木萌葱が送る「個人と社会の相克」を描く最新作。

パラドックス定数 第九項「大正八年 永田町」、2005年11月9日(水)〜11月13日(日)、王子小劇場にて公開。
ストーリー 国会議事堂の建設と地下鉄の敷設。大正八年に始まった二つの事業は人間の思惑を越えて疾走する。策略が交錯する永田町。この場所で静かに男達は牙を剥く――――
 議事堂の設計コンペから竣工までの17年間を4人の設計士を中心に描き出す。大正デモクラシーとも呼ばれる自由闊達な時代から徐々に軍部が台頭し、第二次世界大戦になだれ込むまでを背景にした、モノを創ることにとりつかれた人間の群像劇。
 議事堂建築と平行して、要塞都市、防災都市としての顔も持ち始めた首都東京とその地下の姿を大胆に想像する。ほんの70年前に完成した国会議事堂だが、その設計者の名は未確定となっている事実。フィクションとノンフィクションの間隙を衝く物語が緊張感を孕んで展開する。
お問い合わせ パラドックス定数研究所
080-5509-5033
paradox_constant@yahoo.co.jp

チケット発売日

2005年9月1日(木)

入場料金

前売り1,800円/当日2,300円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

パラドックス定数 080-5509-5033
チケット取り扱い・お問い合わせ パラドックス定数研究所 paradox_constant@yahoo.co.jp
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:364-173

公演日程

2005年11月9日(水) 〜 11月13日(日)

2005年11月

6 7 8 9
  • 19:00
  •  
  •  
10
  • 19:00
  •  
  •  
11
  • 19:00
  •  
  •  
12
  • 14:00
  • 19:00
  •  
13
  • 13:00
  • 17:00
  •  
14 15 16 17 18 19

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=1930

トラックバック一覧